スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年も同じとは限らない

 10日ほど前に会議があり、仙台に行ってきました。新潟~仙台間は自家用車で行くか、高速バスで行くかの二択なのですが(電車だとすごい遠回りになります)、その日は妻が車を使う用事もあり、バスで行こうと思ったのですが、私がのんびりしていて、当日間に合う高速バスが満席になってしまったので、前日の深夜便で向かいました。早朝に着いたので、ネットカフェで一休みして外に出てみると…

sendai.jpg
 超快晴です。この日は新潟も仙台も丸一日こんな感じでした。これはツーリングがてらバイクもありだったな…とちょっと損した気持ちです。雪国のバイク乗りは冬はたとえ乗ろうと思っても雪があると乗れないので、たとえ冬でも晴れの日はバイクに乗る人が結構多いです。多少の寒さは気にしません。

 でも、思い返してみれば昨年はまるで違う光景でした。毎年、同じ時期に仙台で会議があるのですが、昨年は大雪でした。確か仙台としては20数年ぶりの大雪だったとか…昨年も高速バスで行ったのですが、雪の影響で帰りのバスがなかなか出なくて、やっと出たと思ったら、高速は通行止めで、結局山形周りになって真夜中に着いたのでした。

 そういえばその時、お客さんの中に遅延証明を頼んでいる人がいましたね。確かに着いたのは夜中の1時ぐらいだったとは思いますが、正常運行でも夜11時前ぐらいに着く便でした。どちらにしても、その日の内に会社に戻らなければいけないような時間ではないと思うのですが、いろいろな職場があるんですね…

 とにかく昨年と今年とでは同じ季節に同じ場所とは思えないぐらいの天候の差でした。昨年がそうだから今年もそうなる…また今年がこうだったから来年はこうなる…とは限らないということです。

 教会の歩みも同じだと思います。昨年と違うことを行う時「昨年は違ったのでは?」となることもあると思います。人間の性質として変化を恐れるのです。これは誰しも持っている人の心の弱さであり、また良いものを保ち残そうとするという意味では長所でもあるでしょう。

 でも、状況も人も毎年同じとは限りません。また、地域に求められることも同じとは限らないでしょう。だからといって短絡的に毎年何でもかんでも刷新していくことがいいことではありません。すべては変わりゆくものであるという現実を認めつつ、何を残すべきか、そして何を変えていくべきかを知恵をもって考えていくべきではないでしょうか。

スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。