スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏見を捨て去る

 今日の新聞記事に市内で路線バスの痴漢被害の記事が載っていました。通勤時間帯の満員電車やバスでは、悲しいことに痴漢が後を絶ちません。そして同時に冤罪も後を絶ちません。私が東京に住んでいた時は満員電車は当たり前のように遭遇し、非常に気を遣いました。女性専用車両を設けても男性専用車両がありませんから、車両によってアンバランスな人口密度になってしまいます。

 「マイカー通勤はエコのためにできるだけ避けましょう!」なんて訴えても、現実は不安要素に満ち溢れています。新潟市ではBRTの導入を検討していますが、市内全域にBRTをはりめぐらせることはおそらく不可能でしょうから、渋滞の緩和にはなっても、通勤時間の異常なまでの満員の解消にはならないでしょう。

 そこで私が推奨したいのが「原付二種通勤」です。原付二種とは51cc~125ccまでのバイクのことを指します。別に私がバイク好きだからの意見ではなく、客観的な考えでもアリだと思う意見です。原付とは違い、二輪免許(普通二輪小型限定)が要りますが、4~5人の車、場合によっては7人乗りの車とかを一人で乗って通勤したり(仕方がないことなんですけどね)、痴漢や冤罪の危険にいつもさらされながら超満員電車やバスでの通勤(これも現状では仕方がないです)するよりはよっぽど現実的な解決方法だと思うのです。

 125ccクラスはハイブリッドカーを遥かに凌ぐ燃費に、年間1600円という税金の安さ(四輪の場合は軽自動車でも7200円)、そして任意保険も自動車保険にファミリーバイク特約を付けるだけでカバーでき、車検も必要ありません。そして原付のように30km/h規制も二段階右折も必要ありません。おまけに二人乗り可です。自動車専用道路を走れないというのが唯一の欠点ですが、普段乗りであればそんなに気にならないと思います。新潟西バイパスが使えないのが痛いですが…降雨量や冬の期間が長い新潟のような場合はそれなりにデメリットもあるかもしれませんが、それでも冬や雨の日の方が晴れの日よりも少ないですから…一応…

 「バイク=危険=悪」とか「バイク=○走族=悪」というように短絡的に二輪を悪者にしようとする人が結構いますが、運転するのは怖いからという人は無理に乗る必要はまったくありませんが、乗っている人や乗ろうとする人の気持ちをくじくような発言はやめてもらいたいですね。「バイク=危険」というイメージをお持ちの方に言いたいですが、何にだってリスクはつきものです。自転車なんてヘルメットの着用義務がないのに車道を走るんですよ!たとえバイクみたいなスピードがでなくても、もらい事故を考えればバイク以上にリスクが大きいです。それに常識的な運転をすればそうそう危険なんてことはありません。また「バイク=○走族」というイメージをお持ちの方に言いたいですが、そんなのほんの一部です。そういう考えは「包丁で殺人ができるから包丁の販売を禁止しましょう」という理論です。それにマナー違反者は四輪にだっていますし、電車内でもバス内でもいます。偏見を除けば、じつに経済的で現実的な乗り物であると私は思います。

 …話が逸れてしまいましたが、じつは私のような考えはもうすでに現実的な動きとして現れています。

nirinmenkyo.jpg
 過去十年の二輪免許の新規取得者の数です。表を見てもらえれば分かりますが、普通二輪(400cc以下)の免許取得者数は減少傾向にありますが、小型限定の取得者数は増加の一途を辿り、ここ10年で倍近くになっています。ちなみに大型二輪は微減です。それだけ原付二種クラスの利便性が認知され実際に使用されているということです。メーカー側も次々とニューモデルを投入しているクラスです。私個人としても余裕があれば原二が一台欲しいと思っているぐらいです。でも、維持費が安いから現実的には所有できてもせっかく買った大型バイクの乗る機会が減ってしまいそうで、なかなか手がでません(笑)。まぁ、大型バイクでもウチの場合は燃費が車と倍違いますから、十分経済的なんですけどね。


V125S.jpg
 ちなみによく売れている125ccクラスの中の一台がスズキのアドレスV125です。見ての通り、50ccスクーターとそんなに変わらない車格に125ccエンジンを積んでいるわけですから、遅いわけがありありません。常識的な速度の範囲であればコンパクトカーなんてまったく勝負にならない加速をします。そして上手く乗れば燃費は40km/ℓを超えるそうです。昔、アドレスV100という2ストバージョンがあったのですが、あれはコンパクトカーどころか普通車でもスポーツカーでない限り勝てません。原二スクーターのパイオニア的な車種で「通勤快速」とか「街中最強」とか言われたりしています。


 話は変わりますが、多くの教会がオルガンを使用していると思います。伝統的な教会音楽の楽器で「教会の伴奏はオルガンでなければ」なんて決めつけられたりもします。実際、讃美歌はオルガンを用いて作曲されたものが多く、オルガンでの伴奏がしっくりくるのは正しいでしょう。ちなみに聖歌はピアノで作曲されているものが多いです。「きよしこの夜」なんてギターで作曲された曲です。

 そんな当たり前のように使用されているオルガンですが、かつては教会では禁止されていた楽器でありました。昔は水車で空気を送るパイプオルガンを用いていたようですが、キリスト教を迫害した悪名高い皇帝ネロがオルガン好きだったそうで、水車オルガンを好んでいたようです。その為、教会では悪魔の楽器というレッテルが張られ、しばらく用いない時代が続きました。でも、冷静に考えれば、オルガンを避ける聖書的根拠は全くありません。ただのイメージですからね。ですがバッハ等、中世の音楽家たちが教会でオルガンを積極的に用いると偏見はどこに行ったのやら、今では「教会こそオルガン!」みたいになっています。

 これって、いろんな分野でも時代の流れの中で考えていかなければならないことだと思います。伝統的に行なっていると思っていること、また避けていることが本当に聖書に照らし合わせてどうであるのかという客観的な検証が必要なのだと思います。伝統的に考えられていることの全部が悪いわけでは決してありませんが、中には、偏見を捨ててもっと用いていけば、福音宣教に有益なものもあるのではないでしょうか。


スポンサーサイト

油断は禁物

 先週、バイクで買い物に行った、その店の駐車場で跨ったままの取り回しに失敗しまして「グラっ…あっ車体が斜めに傾いた…お、重い…ガシャ…」…倒してしまいました。幸い、走行中ではなかったのでバイクのダメージは大したことありませんでしたが、ちょっとショックですね。車体へのダメージはというと…


M9003.jpg
 まずクラッチレバーがぽっきりいきました。根元から折れなかったので自走できましたのでよかったですが、ただでさえ重いドカのクラッチがレバー短くなるといっそう辛いですね。


M9004.jpg
 二つ目はFウィンカーのレンズです。…でもダメージはこれだけです。倒れた時にちょっとバッテリー液が溢れたらしく、フレームの塗装が少し上げましたが、あとはほぼ無傷でした。

 店に依頼するまでもないような破損なので部品だけ取り寄せて、自分で取り替えて万事OK!…といきたいところですが、なんたってイタ車ですから部品代が気になります。しかもクラッチレバーなのに純正でブレンボ製使ってるし…

 バイク屋さんにいって値段を調べてもらいました。レバーなんて倒せば破損率がかなり高い部品で消耗品みたいなもんです。国産は値段もそんなに高くありません。2000円もしなかったと思います。だから昔バイクに乗ってた時はあらかじめ予備をストックしていたものでした。メカニックの方が値段を調べてくてくれて恐る恐る値段を聞いてみるとウィンカーレンズは300円台…おお、意外と安いなぁ…と一安心、しかしクラッチレバーはビックリ価格の6000円オーバー!国産の3倍以上!さすが純正ブレンボ!…これは躊躇してしまいます。とりあえずウィンカーレンズだけ注文して、レバーはネットで社外品の安いヤツを探してみることにしました。

 探してみると、意外とあっさりありました!輸入品でそんなに精度はよくないかもしれませんし、ちゃんと適合するかが心配でしたが、ブレーキレバーとセットでも、純正の一本分より安く、しかもアジャスター付きです。つまり一本あたり純正品の半値以下ということです。さっそく注文して取り付けてみました。


M9005.jpg
 結構、力を入れやすい形状で、適合も操作性も問題ありません。外側3分の1ぐらいにくぼみがあるのは、おそらくですが、転倒時にレバーが根元から折れて操作不能になることを防ぐために、このくぼみの部分から折れるようになっているのだと思います。


M9006.jpg
 ブレーキレバーとのセットだったので、せっかくですからブレーキレバーも交換しました。左右違うのも微妙ですし、純正は6000円以上という代物ですから、予備として取っておくことにしました。


M9007.jpg
 注文していたウィンカーレンズも入手し、無事に元通りになりました。


 いやー、軽い車体だと思って油断していましたね。軽いとはいっても、乾燥重量184kgですからね(ちなみに普通のネイキッドは750ccでも200kgオーバー)。私の体重の倍以上です。3倍はないのが悲しいところですが(笑)…斜めになってから、そうそう支えられるものではありません。CBRの時は同じような状況でも支えられたなぁ…よく考えたらCBRは同じ900ccでも乾燥170kgで超絶に軽く、この軽いM900よりもさらに10Kg以上軽かったんだ…同じ感覚でいてはいけませんね。


 罪への誘惑は「大丈夫だ!」と思っている部分こそ注意が必要です。自分で弱いと思っている部分は普段から自分で気を付けるのですが、「これは大丈夫だろう…」と思っていると、油断してしまい、思わぬ落とし穴に落ちてしまうことがあるのです。そうやって「まさか、あの人がこんなことで…」というクリスチャンの失敗を私はいくつも見てきました。

 これは自分だけではなく、周りの人も「この人なら大丈夫だろう」と気をつけなくなりますから、より一層の注意が必要なのです。自分の弱い部分に気を付けることはもちろんのことですが、強いと思えるような部分は、より一層の注意が必要なのです。



自分にしてもらいたくないことは…

 先週の買い物の出来事(というほどのことでもないですが)です。

 とあるスーパーに子どもを連れて買い物に行きました。最近は入口近くに身障者用の駐車スペースの他に子連れ用の駐車スペースがあるスーパーも増え、空いていれば、いつもそちらに停めさせてもらってます。「子連れだからって入口近くの必要があるのか?子どもを甘やかせ過ぎではないか?」との声もあるようですが、その意見は大きく勘違いをしています。子連れ用スペースは子どもを楽させるためではありません。

 通常の駐車スペースだと隣の車が近く、チャイルドシートの脱着に非常に気を遣います。場合によっては十分にドアを開けられずに脱着ができない場合もあります。一方、子連れ用駐車スペースは身障者用同様、左右にかなりの余裕が設けられています。その為、隣の車を傷つけることを気にすることなく、十分にドアを開けることができるのです。つまり、このスペースは子どもへの配慮ではなく、子どもを乗せる親や回りの車への配慮という観点で設けられています。

 買い物を終えて車に戻ってくると、そんな理由も知らず、子連れスペースの存在の意味を勘違いしているバイクが一台停まってます。なんと子連れ用スペースとスペースの間に駐輪しています。しかもちょっと片側寄りで…私たちの車からは何台分か離れていたので支障はなかったですが、察するに「おっ、スペースに余裕あるじゃん!丁度いいや!入口正面で目立って俺のカッコいいバイクがみんなに見せれるぜ!」…みたいな気持ちだったのでしょうか…考え過ぎですか?でも遠からずだと思います。だって、このスーパー、入口近くにバイクが停められるようなスペースは何もこんなところに停めなくてもあるんですもん。そう考えてしまいます。結構カスタムしたバイクでしたしね。

 ですが、これでは何のために余裕が設けられているか意味がなくなってしまいます。そこに子連れの車が一台入ってきました。そしてそのバイクの隣に駐車します。きっと停めたあとに気づいたんでしょうね。「あっ!隣のバイク、かなり近い!」と…車から降りてきたお父さんと思われる人が、チャイルドシートが付いている方とは反対側のドアから子どもを降ろしていました。可哀そうに…そして、こういう一台でまたライダー全体の印象が悪くなるんだろうなぁ…と同じバイク乗りとして残念です。写メとってアップしようと思ったぐらい腹ただしかったのですが、それをやったら私も非常識人になってしまうのでぐっとこらえました(笑)。


 「それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。これが律法であり預言者です。」マタイの福音書7章12節

 このみことばは裏を返せば、自分がしてもらいたくないことは、他の人にもするべきではないということです。ただ腹を立てて終わるのではなく、自分が同じような過ちをすることがないように気をつけたいと思います。

 

上辺は大切?

 以前から気にはなっていたのですが、私のM900はカーボンパーツが多く付けられていてそれはそれでいいのですが、タンクだけ赤いというのは、何かアンバランスな気がしていたので、Fフェンダーだけ赤に塗装してみることにしました。

 m900.11
 Fフェンダーとサイドカウルにリヤシートカウルがカーボン製になってます。買った時に全て交換済みでした。これはこれでいいのですが、タンクだけが赤いのが何かアンバランスです。タンクがグレーとかブラックならバランス取れるんでしょうが、ドカはやっぱり赤でしょ!…ということで、Fフェンダーを赤くしてバランスを取ってみることにします。


M90002.jpg
 ちょっとカーボンの部分だけ残して、一応、このフェンダーはカーボン製であるということがわかるようにしました(笑)。写真だと分かりづらいですが結構ブツブツがあります。カーボンは普通に塗装を吹きかけても、繊維に塗装が埋没してしまい、ブツブツになってしまうのです。下地も縫ったのですが、やっぱりブツブツが残ります。ホームセンターの缶スプレーでの素人作業では、この辺りが限界ですね。クリアーを吹きかけて誤魔化すことにします。


M90001.jpg
 こんな感じになりました。素人作業の上辺だけ塗ってのハッタリ仕様ですが、Fフェンダーの色を変えただけでも結構印象が変わるものです。近づくとブツブツがビミョーですが、遠目だと結構いいかなと思います。


 新約聖書において主イエスは、律法学者やパリサイ人のような、律法だけ順守して心が伴わない上辺だけの信仰を「白く塗られた墓」とおっしゃいました。お墓は見た目はきれいだけど、実際は骨などが埋まっているという意味です。日本の文化には「本音と建前」というものがありますから、何でもかんでもバカ正直に思ったことを言えばいいというわけでは決してありませんが、信仰に関しては、やはり主イエスが言われたことは大切なことであると思います。

 もちろん私たちは表裏がない完全な信仰を持ち合わせてはいません。だからと言って「私は上辺だけの信仰は良くないと思うから嫌なものは嫌だと、受け入れられないものはそのまま拒否して正直な信仰でいきます!」と開き直ってはいけません。むしろ相手への配慮という意味では上辺を無視するのは良くないことです。だから完全にはなりえなくとも、少しでも上辺も、その内実も神に喜ばれる信仰者となることができるように願っています。

本当に皆が求めているもの

 先日、地域の牧師家族の集まりがあり、一泊で柏崎まで行ってきました。家族で行くつもりでしたが、子どもが熱を出したので急遽、私一人だけで向かいます。そうなると一応、車は家に置いておかなければならないので、外は思いっきり雨でしたがバイクで向かいました。濡れるのは嫌ですが、慣れればどうってことないです。帰りは晴れていたので快適でした。

 二日目に男性陣で赤岩ダムに行ってきました。

akaiwa2.jpg

 下をのぞくと…

akaiwa1.jpg
 写真だと意外に低そうですが、実際はかなり高いです。結構な高さです。まぁ、ダムですからね…

 このダムは柏崎市内の水道水を供給する為の大切なダムです。一昔前は「ダム」というだけで自然破壊とかいって悪の温床みたいにされましたが、最近はめっきり言われなくなりましたね。確かに無駄なダムもあると思いますが、少なくともこのダムは生活用水を確保する為になくてはならないものです。ダムに限らず何でもそうですが、噂とか一部の専門家だけの意見とか、そのものの一部分だけとかのものを全てをひとくくりにしてそのもの全体を非難することはよくあることですが、感心しません。まぁ、このことを言い出したら長くなってしまうので、別の機会にします(笑)。


 話は変わって、またバイクの話題です。最近すっかり二気筒好きになった私の中でちょっと興味があるのがこちらです。

 W800.jpg
 カワサキのW800のニューカラ―です。このW800、800ccのクセに600cc並みのトルクと400cc並みの馬力しかないのですが、最大トルク発生回転数がなんと2500rpm!私のM900だとまともに走ることすら困難な回転数で最大トルクが出るわけですから、これは非常にトルキーで街中ではとても気持ちよさそうなエンジンです。スタイルはそんなに私好みではないのですが、その乗り味には興味があります。

 そしてもう一台もカワサキです…

ninja250.jpg
 モデルチェンジしたばかりのニンジャ250です。実物も見たことありますが、あまり詳しくない人が見れば600ccSSのZX-6Rと間違えてしまいそうな魅力的なルックスです。でも乗りやすさは、やはり250ccクラスです。ハンドルも大型のSSに比べれば全然高い位置ですし、足つきもいいです。

 125ccは高速道路を走行できませんから、250ccという排気量は実質のエントリークラスであると思います。それ故に各社は、このクラスは、あまり冒険をせず、乗りやすさ等に力を入れています。ですが、近年は250ccだからといってただ、実用面だけを考えるのではなく、見た目や性能等の魅力にも力を入れるようになりました。また、近年は海外生産等も積極的に行なったりして価格を抑えることができ、そのおかげでこのクラスは最近徐々に人気を取り戻しつつあります。

 ですが、やはりあまり冒険しないことには変わりはありません。ところがカワサキはまるで大型SSのようなルックスのニンジャを250ccで出したわけです。じつは、結果的には冒険したのではなく、ユーザーのニーズにしっかりと応える形になり、バカ売れしています。それはここ数年のカワサキのバイク全体に見られる傾向です。

 実際、軽二輪(250cc以下のこと)の売上を見てみると国内メーカー各社が前年比100%~150%と好調な中でカワサキはさらにその上をいって前年比200%以上の販売台数を出しています。まぁ、純粋に台数でいったらやっぱりホンダには敵わないのですが、前年の二倍以上の台数を売るというのは凄いことだと思います。他のメーカーが「これはやり過ぎだろ!」と思って控えめにしたようなところを、じつはユーザーが望んでいて、その望みに応えたカワサキが近年売れまくっているというわけです。

 ちなみに国内メーカーはヤマハだけ前年比マイナスです。確かにヤマハは250ccクラスはほとんどニューモデルを投入していませんからね。ヤマハは個人的に結構好きなメーカーなんですけどね。初バイクもヤマハだし…時代を見誤らないように頑張ってもらいたいです。


 「そんなことやったって無理だよ!」「それはやり過ぎだろ!」といって避けている伝道の方策がじつは、地域の人々の求めているものであった…ということはあり得ない話ではありません。実際、教会や地域で行ったイベントでクリスチャンには不評の声があったけど、じつは教会外の方々は喜んで帰っていった…なんてこともあります。地域に教会が仕えるということは、自分がしたいものではなく、相手がしてもらいたいことが何であるかを見極めることが大切なのではないでしょうか。

 もちろんみことばの見地からの「やりすぎ」は避けなければなりません。

プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。