スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設計者の意図、使用者の意図

 M900に乗り始めてから、すっかりドカの魅力にハマってしまった私は、ラインナップされている車種のどれもが魅力的に感じてしまいます。はっきり言って国産4気筒の方が圧倒的に乗りやすいんですが、たとえ扱いにくい部分があったとしても「気に入らんのであれば別に無理に買ってもらわなくても結構!」と言わんばかりの割り切ったコンセプトは魅力的です。

 本当は私は国産車の方が好きですから(輸入車が嫌いという意味ではない)、国内メーカーもこういう尖ったバイクをもっと出せばいいのに…と常日頃思っています。とはいっても最近のドゥカティは割り切ったバイクを販売しつつ、ディアベル等万人向けの乗りやすいバイクもラインナップにあります。同じようにして国内メーカーも扱いやすさ優先はそのままでいいのですが、一部の車種だけでもちょっとぐらい冒険して欲しいものです。

 そんなわけで気になっている車種はたくさんあるのですが、そのうちから今日は二台…

SF848.jpg
 走り重視に振ったネイキッドをストリートファイターなんていったりしますが、車名もそのまま「ストリートファイター848」です。このSF848は、いろいろなインプレッションを見てもかなり評価が高いです。兄貴分に1100cc版がありますが、こっちの方が足まわりとエンジンと共に抜群に扱いやすいらしいです。以前、ディアベルを試乗した時に低速の扱いやすさに驚いたのですが(ドカは総じて低速が扱いにくいものが多い)、ディーラーの店員さんに低速の扱いやすい他の車種を聞いてみたらこのSF848を挙げていました。

ドカの日本仕様は騒音規制等を国内規制に合わせるために馬力が大幅に削られることが多いのですが、このSF848はわずかなパワーダウンで国内規制に対応させています。そのために何と850ccなのに1100ccのSFよりも最高出力が高いなんて逆転現象が起きています(もちろんトルクは1100の方があるので、実際は1100の方が加速力は上です)。

 それにしても個性的でカッコいいスタイルです。私はフルカウルが好きなのですが、このルックスならネイキッドでも全然いいなぁと思ってしまいます。ただ、ポジションがきついんですよねえ…シート高が何と840mm!!私のM900よりも7センチも高いです。しかもハンドルはかなり低く構えています。私は試乗はしたことはないですが、跨いだ事だけあるのですが、両足だとつま先ツンツンにもならずどちらか浮いた状態で、片足でやっと足の裏の3分の1ぐらいの足つきといったところです。ハンドルの低さといい、シートの高さといい、まるでスーパースポーツに乗ってるみたいです(実際はそこまでキツくないですが)。ハンドルをアップしてリンクの変更等でローダウンすれば結構理想的な感じになりそうです。まぁ、それだと走行性能はある程度スポイルされてしまいますが、私は峠を攻めたりとかサーキット行ったりとかしないので、別に支障はないです。…とまぁ考えたところでどうせ新車では買えませんが、10年ぐらいして中古価格がこなれてきたらそれもいいいかな(笑)。

 そしてもう一台は…

HM.jpg
 ハイパーモタードです。この春にモデルチェンジしたばかりの車種です。以前は空冷エンジンで1100と796との二本立てでしたが、新型の821ccエンジンの一本で水冷化されました。ご覧のように非常に楽チンなポジションで、乗りやすそうです。しかもこのエンジンがSSでもないのに800ccちょっとで110馬力も出てしまうのですから、最近は凄いです。しかも日本仕様もフルパワーのままらしいですから魅力的ですね。前のモデルは燃料タンク容量が12.5ℓと大型バイクとは思えないようなタンクの小ささだったのですが、今回は16ℓと大幅増加です。

 ただ、シート高が850mmなんですよね。SF848より厳しいです。モタードの足回り故に跨ると多少は沈むと思いますが、キツイことには変わりありません。「シート高、シート高と気にす過ぎた!走りだせばそんなの平気だ!」という声も聞こえて来そうですが、身長170にも満たない私のようなチビライダーにとっては切実な問題です。

 どうせ買えないクセにシート高を気にしていると、新型のバリエ―ションモデルにこんなのがありました。

Hyperstrada.jpg
 こちらはハイパーモタードのツーリング仕様のハイパーストラーダです。パニアケースが付いていたり、防風のためのスクリーンが付いていたり、電源ソケットが付いていたりします。その分重くなりますが、それでも、このクラスのバイクとしてはかなり軽量な部類です。そして足回りも変わっていて少しストロークが短くされていてシート高がスタンダードモデルよりも4センチも低い810mmとなっています。これは快適バイクになりそうだ!パニアケースが邪魔なら遠出の時以外は外せばいいですしね。

 このニューハイパーモタード、ドカのディーラーに行ったとき、私ではなく別の人に店員さんが勧めいていたのを聞いていただけなんですけど「私はストラーダよりも、本来の足回りの性能が味わえるスタンダードの方をお勧めします!荷物積めないですが、そうしょっちゅう荷物満載するわけではないですしね!」だそうです…まぁ、その通りだと思いますが、先ほども言いましたがシート高4センチの差はかなり大きなものなんだと思いますけどね。モタードらしくアグレッシブにドリフト決めながら…なんて人はスタンダードの方がいいのでしょうが、マッタリ乗ることが大部分の私にとってはやっぱりストラーダの方が魅力的です。

 「本来の走行性能をスポイルする」という理由でチビライダーや女性ライダーの悩みを一蹴するバイク屋の店員さんもいます。実際、私がCBRに乗っていた時、820mmのシート高に苦戦して店員さんに相談したら、同じことを言われました。別に、そんなに限界走行するつもりはないんだけどなぁ…結局、数週間で慣れましたが、このCBRぐらいのシート高が慣れるギリギリのシート高だと思います。人にとって使用用途は違います。無理にメーカーの意図しているシチュエーションで走る必要はありません。例えばSSを快適ポジションにしてはいけないかといえば、全くそんなことはなく、サーキットとかに行くのでなければ、自分の使用用途にあったようにカスタムすればいいのです。だからこそ色々なメーカーからローダウンするリンクとか、アップハンドルとかが販売されているのだと思います。



 教会はある程度は秩序が必要な場所です。ある程度のマニュアル的なものが必要な場合もあります。だからといって無理やり型にはめ込む必要はありません。何か新しいことをしようとすると「それは本来の私たちの教会のやり方ではない!」なんて批判が出たりすることは、この日本の教会は特に多いことでしょう。

 でも考えてみてください。その「本来の私たちの教会のやり方」は誰が決めたのでしょうか?それは人が決めたことです。神が決めたことならば、その神の意図に従って物事をなしていくべきですが、人が決めたことを、その場その時の必要に応じて柔軟に変化させていくことは決して悪いことではありません。

例えば私たちの教会の子ども会は、最近は子ども中心であることには変わりないですが、大人も積極的に参加すべく呼びかけています。それは当初、子ども会を開始した方々の意図とは違うかもしれません。しかし、今の教会の現状からすれば、それは必要なことであるのです。

 人の決めたことがどうでもいいわけでは決してありませんが、それがすべてではないということもまた事実なのです。

スポンサーサイト

道を委ねる

 先日、ヤマハからニューモデルの発表がありました。

MT-09.jpg
 こちら「MT-09」です。国産では現行車種にはない3気筒エンジンが搭載されています。850ccトリプルという使い勝手が良さそうなエンジンももちろんですが、このスタイリングもいいですね。

 ヤマハいわく「ネイキッドとモタードのハイブリッド」だそうです。確かにそんな感じのスタイリングです。モタード(オフ車ベースにオンロード用の足回りを組んだバイク)は乗りやすそうだけど、もうちょっと車高は低い方がいいし…最近はやりのストリートファイタールックのスポーツネイキッドはカッコいいけど、ハンドルが低すぎるし…等、私が考えていたような不満が全部解消されているような見事なスタイリングです。こりゃ、オールマイティに使えそうだ。きっと同じようなことを思っている人が多いからこのようなデザインになったんだろうなと思います。しかも車両重量が188kg!スーパースポーツ並みの軽量級です。こりゃ、軽快に走りそうだ。

 発売は来年あたりかな?乗ってみたいですね。でもドカのLツインにすっかりやられてしまているので、買わないだろうなぁ…それにしてもなんとなく私が以前乗っていたFZX750の雰囲気があるような気がします。まぁ、そのFZXを知っている人は少ないぐらいマイナーなバイクなんですけどね。

 話は変わりましって、先日、バイクの中古用品店に行って来て、ポータブルナビケースのようなものを買ってきました。何百円とかです。ハンドルに取り付けて携帯をナビ代わりにできないだろうかと思案中でありましたので、ちょっと試してみることにしました。

 stay.jpg
 こんな感じになりました。ステーは専用品を買うと高いので、適当に自作しました。スマホを入れると丁度いい感じでなかなかいい感じです(そのスマホで写真撮ったのでケースは空の状態ですが)。試しにナビを使って近所に出かけてみましたが、結構使えそうです。

 バイクもナビがだんだん普及していますが、バイクのナビは防水仕様でないといけないので専用品がまだまだお高いです。それに、たとえ固定していても屋外にナビがむき出しという状態は個人的には防犯上信用できません。だって車に取り付けてあるのですら盗難にあうような世の中ですからね。その点、スマホをケースに入れて使用すればバイクから離れる時は簡単に取り出せますし、多少の雨であれば防水面も問題ないと思います。少なくとも突然の雨の時、停車して中身を取り出してしまうという時間ぐらいは稼げます。

 昔は地図で自分なりにルートを決めることが一般的でしたが、今はナビに頼って指示に従っていくだけというのが一般的になりつつあります。まぁ、良い面と悪い面があるのでしょうが、私は両方を併用します。初めていく場所(特に遠方)は事前にネット等で地図を見て大まかなルートの計画を立てつつ、当日はナビに従っていくという感じです。結果、だいたい、浅はかな私の計画よりもナビの方が効率的な道を示したりするんですけどね(笑)。


 神に導かれる人生とは、丁度カーナビのような感じであると思います。人生の道筋とは必ずしも自分の計画通りに進めるわけではありませんし、たとえ計画通りにいったとしても、その道が正しいという保証はありません。しかし、「神の導き」という確かな道案内によって進むとき、たとえ行き先がすぐには見えなくとも、初めて導かれるような道筋でも、そこには最善の結果が与えられるのではないでしょうか。カーナビはしょせん機械ですから、間違えることもありますが、神の導きに間違いはありません。あとは、その導きに委ねていけるかどうかなのです。

技術の進歩がすばらしい

 いやー、暑いですね。6月だというのに真夏日です…こんだけ暑いとウチみたいなターボ車はブースト圧が落ちてパワーダウンします(実際には全開加速とかしないとわからないような違いですが)。

 boostmeter.jpg
 こちらは去年レガシィを買った後、間もなくして取り付けたブースト計です。0から下が負圧の数値で0から上が加圧の数値です。ノンターボ車は負圧でシリンダーに空気を送り込むので一般的には0から上にはいきません。ターボ車は、タービンで強制的に空気をシリンダーに送り込むのでターボが効き始めると0から上に数値がいきます(あくまでもザックリとした説明です)。ブースト計はどのぐらい過給されているかを知る目安のためにありますが、オイルの劣化や不要な空気を吸い込んだり等、機密性が失われると負圧の力が弱まるので、エンジンのコンディション管理にも役立ちます。あと、あまりブースト圧が上がらないようなアクセル操作をすることにより燃費走行にも役立ちます。

 ちなみにこのブースト計は安物の輸入品で、きめ細かな数値の管理は信頼性に欠けますが、エンジン管理には十分役立ちます。まぁ、デザイン重視で選んだということもあります。昼間だと分かりづらいですが、メーターの淵は赤いリングが光ってなかなかいいです。レガシィのメーターとよく合います。

BP5meter.jpg
 こちらがレガシィのメーターです。こちらも赤いリングのデザインでブースト計と統一感があっていいです。

 boostsensor.jpg
 取付は、上記写真の下の方の赤い○の所から分岐させて圧を拾って、上の方の赤○の部分にあるブーストセンサーで圧力を電気信号に変えてメーターに送ります。よく純正配管をぶった切る人がいますが「オレは絶対にノーマルに戻さねえぜ!」という人以外は純正配管を切断しなくても分岐できる場所を選んだ方が無難です。私もそうしました。

 昔は機械式のブースト計が主流で、このホースを室内まで持ってくるのが大変でした。途中でつぶれれば正確な数値が出ないし、あまり大きな穴を開けてしまうと車内の機密性が失われます。その点、最近は電気式が一般的で、細い配線を車内に引っ張り込むだけなので楽です。メーターのレスポンスも電気式の方がいいですしね。

 最初に夏場はブースト圧が落ちると言いましたが、ウチの車の場合は真冬だと1kpaちょっといくのが、今日みたいな30℃越えとかだと1kpa弱ぐらいになり0.1kpaぐらいのさがあります。0.1kpaという差は全開加速をすれば分かるぐらいの差です。何故かというと、空気は気温が低い方が密度が高いので、同じ体積でも冬場の方がより多くの空気を取り込めるからです。まぁ、実際は冬場は全開加速をするとスタッドレスが痛むのでやりませんが…

 それにしても今時は(とはいっても9年目の車)2000ccのノーマルエンジンで1kpaのブースト圧がかかるっていうのには驚きです。去年取り付けた時、全開加速で1.0とかまで針が指して「えっ!こんなに!」と思ってネットで調べてみたらそれが正常みたいで技術の進歩には驚いたものです。昔の2000ccでこのブースト圧だと下手すればブローします。

 まぁ、考えてみれば2000ccで260馬力(MTは280馬力)、トルクが35kgmというようなパワーを出すわけですからそのぐらいのブースト圧がかかっていて当たり前ですね。昔、私が乗っていたスープラは同じぐらいの馬力とトルクでしたが、2500ccのブースト圧0.7ぐらいでした。ブーストアップして1.0ぐらいにしていましたけど、そのぐらいブースト圧がかかるとCPUの方で燃料カットが働いていました(ある部品でその機能をキャンセルしてましたが)。つまり2500ccでもそのぐらいブースト圧がかればエンジンにはよくないということです。それが今では500ccも排気量の少ないノーマルエンジンでかかっているわけですから凄いですね。昔のチューニングエンジン並みです。ノーマルで300馬力越えのインプレッサとか一体どのぐらいブースト圧がかかってるんだろう??

 昔は技術的には無理なことも今では何の問題もなくできるというものはたくさんあると思います。だから「昔はこうだから」なんていう常識は当てはまりません。教会で昔は状況的に難しく耐えるしかなかったことはあると思います。それはそれで訓練になると思うので尊いのですが、何もその当時の常識を今にまで引きずる必要はありません。

 技術が発達したり、環境が整えられたりして可能になったことや便利になったことやは大いに用いていけばいいのです(もちろん適切に)。「昔の教会は云々、今の教会の若者は云々…」なんて言ってたら現代の宣教は進みません。もし技術の発達が悪だというなら(用い方を誤れば何だって悪になります)、電気もガスも水道も車も電車もPCも飛行機も利用してはいけません。だってそれらは昔はなかったものですからね。

 たとえばIT技術の発達でより広い範囲での教会のアピールもできるようになりましたし、エアコンが一般的になって汗をだらだらかいてぐらぐらしながら礼拝をささげる必要はありません。会議等で遠くに出かけていても携帯電話によって緊急連絡を受けることもできます。その他挙げたらきりがありません。要は「どう用いていくか」なのです。全ては神が与えてくださるものです。それらを最善を持って福音宣教のために用いていくものでありたいと願います。

バランス

 いくつか前の記事でも書きましたが、ちょっと前にM900のクラッチが切れなくなって、点検してみたらクラッチのリザーバータンクが空になってエアが混入していたことが判明しました。エア抜きをして規定量のフルードを入れて今は問題なく普通に乗ってますが、ブレーキフルードが減った原因が気になります。一目では分からないぐらいちょっとずつ漏れている可能性はあるのですが、もともとリザーバータンクが少なめでクラッチが減ったことによる可能性も否定できないので、クラッチを点検してみることにしました。

 乾式クラッチはオイルを抜く必要がないので比較的簡単にバラせます。

 clutch
 まずはクラッチカバーを外してクラッチスプリングを外します。


before.jpg
 錆び錆びです。機能的には問題ありませんが、あまり気持ちのいいものではありませんので、気休め程度ですが、錆びを落とします。


after.jpg
 ちょっとはマシになったかな。このスプリングが6個付いてます。本当は錆びにくいステンレスのヤツにしたいのです。さらにドカのバイクはクラッチレバーの操作が異様に重たいのです。つまりクラッチの圧着力を強めるためにこのスプリングが固いということです。社外品のちょっとクラッチ操作が軽くなるスプリングが欲しいです。

 そしてプレッシャープレートを外したら、クラッチディスクを取り出し、点検します。


disk.jpg
 バイクはほとんどの車種が多板クラッチですので、このようなディスクを何枚も重ねた構造になっています。クラッチを切った時に、このディスクの間に隙間ができます。乾式クラッチの「シャリシャリ」という独特の音は、回転している時にこのディスクが擦れるため音が出るのです。ということは信号待ちなどではクラッチレバーを握ったままにしてシャリシャリいわせているのではなく、なるべくニュートラルにしてクラッチを繋いでいた方がディスクが長持ちするということなのだと思います。

 そしてディスクの摩耗状態ですが、う~ん…やっぱり結構減ってるかな…もともと厚みのある部品ではないですし、ちゃんと測らないと摩耗限度が来てるかどうか分からないですが、走行12000キロにしては減り方が早いような気がします。おそらく前のオーナーは半クラッチの時間が長かったんじゃないだろうかと推察できます。乾式クラッチは半クラッチの時間を極力なくすのが長持ちさせるコツです。でも、クラッチの滑りも出ていないですからもうしばらくはもちそうです。

 乾式クラッチは、半クラはよくないからと言ってあまりスパッと早くつなぎすぎてしまうとクラッチジャダーといってクラッチを痛めるような振動が発生します。だからと言って半クラッチの時間を長く取り、慎重につなぎ過ぎると今度はクラッチの摩耗が早くなってしまいます。この微妙なサジ加減が慣れるまでは苦労します。今はすっかり慣れましたが、乗り始めはどういうつなぎ方がいいのか色々と試しました。何事にもバランスは大切です。

 信仰生活もバランスだと思います。熱心に突き進むあまり「燃え尽き症候群」に陥るクリスチャンもいますし、慎重になり過ぎて何もできないような成長を生まないクリスチャンでもいけません。自分や教会に与えられた賜物と相談しながらバランスよく信仰生活を歩んでいくことが大切です。

 これは「量的」なバランスもそうですが、「分野的」なバランスもそうです。「私は賛美はするけど、祈りません。」とか「私は奉仕はするけど献金はしません。」とか「私は祈るけど、賛美は好きじゃありません。」というのではなく、ある程度の差は認めつつも、なるべくバランス良く主に仕えていくことが求められるのではないでしょうか。

見た目と実際

 昨日は、ぶらっと中古バイク屋さんの行ってきました。中古屋さんは、当たり前ですが定期的に車両が入れ替わり、いろいろなメーカーのいろいろな時代のいろいろな車種を見ることができるので面白いです。だから私は特別用事が無くともたまに足を運びます。

 いつもそうですが、前回来た時よりも若干違うバイクが置いてあります。今日はその中でも特に個性的な二台をピックアップします。

 まずはこちら…

bking.jpg
 スズキのBkingです。かなりマニアックなバイクです。エンジンは、あの世界初量産車で300km/hオーバーをたたき出しギネス記録に認定されたハヤブサの1300ccのエンジンを積んでます。車両コンセプト故にハヤブサよりも出力は落とされていますが、おそらくこのフルカウルではない車体でフル加速したらとんでもないことになるのではと推察できます。リヤタイヤなんてハヤブサより太かったりします。

 外観は、車体から大きくはみ出した燃料タンクからして普通ではありません。実際見ると写真の数倍の迫力です。30ℓぐらいガソリン入るんじゃないかと思うような大きさです。でもカタログ値は16.5ℓです。あれ??ウチのモンスターと同じ容量だ…じつははみ出ているのは実際にはタンクではなくカバーです。言葉悪く言えばハッタリですね(笑)。

 
 そしてもう一台は…

Vmax.jpg
 ヤマハのV-maxです(逆光で見づらくてすみません)。前のモデルのVmaxは時折見かけますが、この現行型は実際に走っている姿をこの新潟ではまだ目撃してません。先代の1200ccに対して現行型は何と1700cc!!写真じゃ分かりづらいですが、かなり大きいです。装備重量も300kgオーバーです。ウチのM900と100kg以上の重量差です。そんでもって足つきはM900より悪いですから、私ぐらいの体格だと跨るのを躊躇してしまうようなバイクです。

 エンジンも凄まじく、国産国内仕様最大の151馬力です。ちなみにM900は78馬力ですから、倍ぐらいの馬力です。さらにこの車体、Fフォークにリフレクターが付いていることから、おそらく200馬力フルパワーの逆輸入です。アップライトなポジションでさぞかしツーリング向けと思いきや、こんなでかい車体で燃料タンクはたったの15ℓです。タンクがリアシート下にあるので容量に限界があるらしいです。おそらく満タンで200km走らないでしょう。

 どちらも個性的で、その迫力通りのパワーを有していますが、それはそれで魅力的ですが、コンパクトな普通の車体で結構なパワーがある方がカッコいいと私個人は思ってます(私がでかいバイクは取り回せないってこともありますが)。M900なんかバイクに詳しくない人は「これ400cc?それとも250cc?」と聞いてきたりします。900ccだというと皆さん驚きます。実際、400cc並みの車格ですから間違えるのも無理もありません。こういうバイク私好きです(だから乗ってるんですけどね)。

 信仰生活のハードルを自分であげちゃう人ってたまにいますよね。誰しも持っている弱さである「プライド」というやつです。そのプライドが邪魔して表面上は自分を実際以上に見せてしまうのです。虚栄心と言ったりもします。しかし、その表面と実際が同じうちはいいのかもしれないですが、人生というものは自分の計画通りにはいきません。自分が「こう見せたい!」と思っても中身が伴わなくなってくることがあるのです。

「私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。」ローマ人への手紙12章3節

 他人と比べず、必要以上に自分をよく見せようとせず、その時々に与えられたものに感謝していくべきです。もっというならば、みことばにあるように「慎み深く」へりくだって歩んでいく方がカッコいいクリスチャンのあり方だと思いませんか。「この人、いつも謙虚な感じだけど、じつはすごい賜物をもっているんだなぁ…」って人、私は尊敬します。私もそのようでありたいと願いますが、まだまだ道は遠いようです…
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。