スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご注意を!

 絶版となった昔のバイクと同じ名前でニューモデルが発売されることがあります。例えば、今月発売されたばかりのCBR400Rです。

 CBR400R.jpg
 ホンダ久々のフルカウル400ccです。私が高校生時代は国内メーカーがこぞってフルカウル400ccスポーツを発売していたので選びたい放題でしたが、スポーツバイクブームの衰退や法規制の強化、大型二輪免許が取りやすくなったこと等からこのジャンルはほぼ壊滅状態で、数年前にカワサキが出したninja400のみであったので明るいニュースです。

CBR400RR.jpg
 ちなみにこちらが絶版車のCBR400RRです。”RR”が付いていますが”CBRというネームは一緒です。新型CBR400は2気筒ですが、旧CBRは4気筒です。馬力も10馬力以上高く、限界走行をしたら間違いなく旧型の方が速いでしょう。

 そしてもう一台、CBR250Rです。

CBR250R.jpg
 こちらも数年前に発売されたばかりのニューモデルです。発売当時は250ccクラスは400ccクラス同様、国産フルカウルはカワサキのninja250のみだったので、期待通りに売れています。

CBR250RMC19.jpg
 こちらが絶版車のCBR250Rです。名前も全く一緒です。これは実際に私が所有していた車両です。新型CBR250Rは単気筒ですが、旧CBR250Rは今やラインナップにない250ccでありながら4気筒という今ではコストや規制の面から考えると難しいエンジン形式です。メーター読み18000rpmまでブン回せるというふざけたエンジンでした。高回転域のパンチは間違いなく現行車種は相手になりません。新型の27馬力に対してこちらは45馬力ですから当然と言えば当然です。高回転域はまさにF1サウンドといった感じでした。ちなみに今ではクランクシャフトとカムシャフトはチェーン駆動yが一般的ですが(ドカティはベルト駆動です)旧CBRは400も250もカムギアトレーンというギアで駆動させる贅沢な構造でした。

 こんな違いもあって同じ名前の車種でも新型CBR250Rが発表された時は「何故、CBRが単気筒?」という落胆や批判の声もありました。それは2気筒で発表された400も同様の声もあったことでしょう。事実、現行ラインナップのCBR600RRとCBR1000RRはバリバリの4気筒スーパースポーツですから無理もありません。「わざわざ”CBR”という名前にしなくても…CBRという名前にあやかりたいのか!」という声もありました。

 でも私の意見は違います。そもそも旧型が販売されていたスポーツバイク全盛期の時代を知っているのはおそらく30代半ば以上の世代でしょう。400や250はどちらかというと若者に乗ってもらいたいというメーカーの思いもありますし、実際に18歳未満の高校生は法律的に大型免許が取得できませんから400cc以下に乗るしかありません。そんな若い世代に「昔は…」なんて前置きは意味がありません。

 それに気筒数が減って以前よりも馬力がおちていることは悪いことばかりではありません。4気筒に比べて常用回転域のトルクに優れ、低燃費にも貢献します。確かにそうです私が乗っていた旧CBR250Rはトルクに厚みが出てくるのは大体8000rpmを超えた辺りからやっとでしたし、それなりにキビキビ走っていても余裕で30km/ℓ以上、エコ運転をすれば40km/ℓ以上もの燃費を叩きだすと言われている新型CBRに対して、私が乗っていた旧CBRは何も考えないと17km/ℓ、ガンバっても22~23km/ℓぐらいでしたから、ずいぶん違います。さすが単気筒です。

 CBRはどちらも新型は乗ったことはありませんが、昔ではなく、現代の目線で考えれば、おそらくCBRの名に反しない走りができるのだと私は思います。昔のCBRの名前にあやかりたい…大いに結構じゃないですか!…私はそう思います。

 話は思いっきり変わりますが、先日、あるきっかけでキリスト教関連の方の何名かの名刺をいただきました。そこには皆さん海外の某一流有名大学の日本校の神学生という同じ肩書きが記されていました。大卒でもない勉強が苦手な私でも名前ぐらいは知っている有名大学です。しかし一つの疑問が湧いてきます。「はて?こんな有名一流大学に日本校があったかな?そもそもこの大学って神学大学だっけ?」…気になって仕方がありません。

 検索してみました…はい、ありません…そんな有名な大学の日本校なんて…英語名で調べたけどやっぱりありません。県内の各種学校の登録にもありません。そもそもこんな地方都市でそんな有名大学のキャンパスがあったら地域の皆に知られているはずです。ありもしないキャンパス名までもでっち上げて有名大学の肩書きが欲しかったのでしょうか?…思いっきり詐欺です!犯罪です!それとも私の認識不足で同じ名前の別の大学が実際にあるのでしょうか?…たとえ別の大学が本当に存在しても10人聞けば10人の人が某一流大学の方を思い浮かべるでしょう…人々に印象付けるために同じ大学名があると知っていながら意図的に有名大学と同じ名前を使用していると思われても仕方がありません…真実がどちらにせよ私の中では思いっきり「アウト!」です。

 そこにある教会が関連して、皆が同じ教会で、同じ肩書きで…間違いなく組織的な意向であると思います。「同じクリスチャンであれば…」とか「教会なんだから…」とか「みんないい人だ…」とかいうのだけで判断してしまうのは危険です。皆さん注意しましょう。本当は取り越し苦労であると思いたいですし、まだ調べ足りないこともありますので、本当に取り越し苦労であったときのために名前は出せませんが、盲目的に信頼して情報を集めたり調べもしないで、いざという時に取り返しもつかなくなってしまうことの方がもっと恐ろしいことですから、やっぱり無視はできません。
スポンサーサイト

ゆとり

 私は、バイクを運転する時は(車もですが)限界走行はしません。わりとマッタリ乗ります。超安全運転です!(ホントか?)交差点もローギアまで落としてゆっくり曲がります。峠行って攻めたりもしません。そもそもバイクの限界を引き出すような技術がないということがあります。そんな情けない走りなので、タイヤが凄いことになってます。

Rtire.jpg
 Rタイヤの端っこ数センチはピカピカしていて新品同様です。

Ftire.jpg
 Fタイヤにいたっては全体の3分の1ぐらいがピカピカです。

 それだけバンク角が浅いということです。バイクは旋回速度が大きければ大きいほど遠心力に負けないようにバイクを倒さないと曲がりません。だからバイクのタイヤは車と違って丸っこくなっています。タイヤの端っこが使われていないということはそれだけ遅いコーナリングだということです。

 特にドカのようにVツインエンジンは軽量でコンパクトなのでいとも簡単にパタっと倒れます。ある程度以上の速度でのコーナリング時には優位に働きますが、進入速度の低い街中の交差点みたいなところで不用意に倒そうとすると私みたいなヘタッぴはいっきに車体が倒れて大変なことになる場合があります。だからバンク角が浅いのです。昔、軽量コンパクトの代表みたいなNSR250に乗っていて何も知らずに4stマルチエンジンのつもりで車体を倒したらエライ目にあったことがあります…

 step.jpg
 そんなヘタッぴ運転なのに何故かバックステップを装着しています。これ、買ったときに既に交換されていたんです。バイク好きが傍から見ると「ドカティに乗ってバックステップにしてタイヤの状態がこんなんかよ!」と言われてしまいそうです。CBRに乗っていた時はスーパースポーツに乗っていながらタイヤを端っこまで使わないと何か恥ずかしいような感じがしたので(実際にそういう人を非難する人もいます)、結構、ガンバっていましたが、今ではそんな無駄なこともしなくなりました。

 私がよく言うことですが、別にいいじゃないですか!本人が満足していれば!…半分ヘタッぴのいいわけですが、半分は本音です。それにタイヤを端まで使う運転って結構な速度域ですよ。そもそもリスクがありますしね。Uターンやスラローム走行なんかすれば端まで使うんでしょうが、そんなシチュエーションは普通はたまにしかないですよね。

 世の中では「予算や人材は使いきらないともったいない!」なんていう人がいるかもしれませんがはたして教会ではそうでしょうか?そうではないと思います。100%活用できないことはゆとりと取るべきです。そのようなゆとりがないと、いざ100%を超える働きが必要となった時に手が回らなくなるのではと思います。

 たとえば私たちの教会は教会学校の子どもたちの平均出席数よりも教師の数の方が多いです。それを「もったいない」と捉える人がもしかしたらいるかもしれませんが、私は人を導くことよりも導く側の受け皿を準備する方が先だと考えます。仮に今よりも奉仕者の人数を減らすと、いざ突発的に人数が多めになったら対応できなくなってしまいます。むしろもっと奉仕者が与えられればと思っています。

 私自身の働きも同様です。教会がいでいくつか対外的な奉仕をさせていただいておりますが、私は、ある程度のゆとりがあるべきだと考えます。だからこれ以上、対外奉仕が増えないように気を付けています。今の状態でもたくさんやり過ぎているのではないかと心配してくださる先生方がいるぐらいです。

 昔の教会は牧師も信徒も身を粉にして奉仕をするべきだとの雰囲気があったと思いますし、またそれも尊いものだと思います。そういう姿勢も大切ですが、本当に身を粉にしていたら文字通り「粉」になってしまいます。教会というところは牧師も信徒もゆとりがない自転車操業のようなことをするべきではありません。特に信徒の方々は他に仕事を持っておられる方々が殆どなわけですから、あまり教会の行事や活動がぎゅうぎゅう詰めになっているのもどうかと思います。ゆとりがあってこそ(あり過ぎるのも困りますが…)いざという時に対応ができるのです。もし「そうは言っても無理しないと教会の活動が進まない…」というのであれば、厳しい言い方ではありますが教会の活動そのものを縮小することを考えるべきでしょう。教会は「礼拝」を中心とし、そこから各々の力量に応じて働きをなしていくべきであると私は思います。

まずは自らが…

 私が好きなバイクのタイプはフルカウルのスポーツバイクです。今はネイキッドに乗っていますが、ネイキッドが嫌いというわけではなく好きです。フルカウルバイクはもっと好きであるということです。ただフルカウルの車種の多くはスーパースポーツですから、ポジションが厳しく、速度レンジが高めです。それ故に私も以前所有していたCBRを手放した経緯があります。

 もしポジションとか速度レンジとかを無視して乗りたいバイクはと聞かれたら、昨年、発売されたばかりのドカティの1199パニガーレを挙げます。

1199.jpg
 文句なしにカッコいいです。ドカの特徴であるトレリスフレームではなく、二輪車初(だと思います)のモノコック構造を採用しています。モノコックとは、基本的には骨組みを持たず、路面等から受ける応力を外皮が受け持つ構造のことで、このパニガーレの場合はエアクリーナボックスであったりエンジン本体にフレームのような役割を持たせています。その為、スリムでコンパクトでものすごい軽量です。乾燥重量はなんと164kg!同じ軽量のスパースポーツでしかも排気量が半分のCBR600RRとほぼ同じ重さです。凄いですね…

 メーターも凄いです。

1199d1.jpg
 ディアベルは一部カラー液晶ですが、パニガーレはフルカラーです。アナログちっくな方がいいという人も結構多いですが、私はこういうやつ好きです。

1199d2.jpg
 白黒反転もします。夜とかはこっちの方が見やすいかな。このメーターでABSやトラコン、エンジンモード等の調整や、なんとサスのセッティングまでできてしまいます。もはやメーターの域を超えています。だからドカティ側は「メーター」と言わないで「ダッシュボード」と呼んでいます。ヘッドライトはLEDを採用しています。最新装備満載です。

 最高出力は195馬力ですから、1200ccのツインエンジンとしては史上最強だと思います。ただ、日本の騒音規制は馬鹿みたいに厳しので、規制に適合させるために大幅なパワーダウンは避けられません。そして日本仕様は、なんと60馬力ダウンの135馬力です。軽自動車まるごと一台分の馬力が削られているわけです。

11999j.jpg
 規制に対応させるために日本仕様は長いサイレンサーが追加されています。135馬力という数値を単体で見るならば十分な数値だと思いますし、実際、不足は感じないと思いますが、もてる力をわざわざ大幅に封印しなければならないようなのはもったいないですし、今後、規制が進むと「もう日本の規制に合わせるにはコストがかかり過ぎる!」といって輸入車勢がそろって撤退しかねないです。国産であってもこれ以上規制が厳しくなると危ういです。何故か車より規制値が厳しいという二輪いじめみたいなふざけた法律ですからね。

 しかし、これも一部の心ないライダーが規制値をオーバーした爆音マフラー等を装着して走りまわっているからだと思います。ちゃんと規制値内であれば、たとえ旧規制値のままでもそんなに爆音になりませんからね。本当は違法改造のバイクが五月蝿いのに、あたかもそれらが規制が緩すぎるみたいな判断がなされたのだと思います。それに規制値内であっても五月蝿いと思う人はどんなに厳しくしてもいます。隣の家の掃除機の音が五月蝿く感じる人もいるぐらいですから、あまりそういった声を気にし過ぎるのも問題です。

 でも、その一部のライダーが全体と捉えられてしまうのは事実ですから、ライダーたちが自ら規制を守り、自浄作用によって違法改造バイクを減らすことが求められるのだと思います。「悪いのは一部だ!」とも言ってられない時代だと思います。

 キリスト教会にも同じことが言えると思います。「カルト教会の増加によって伝道の働きがし辛くなった!」と言われたりもしますし、確かに事実ですし、それらの対策は必要ですが「私たちは悪くない!」ばかりではなく、まずそう思っている一人ひとりが証しをなしていくことによって、教会の信頼というものは回復していくと思います。マイナス面ばかりを指摘しながら二の足を踏んでいるのではなく、まず自らがそのマイナス面を振り払うがごとくに実を結んでいくことが大切なのではないでしょうか。私自身としても思わされることです。

特定の人々のために

 先日、ドカティのディーラーさんに行って、「ディアベル」というバイクに試乗してきました。試乗会と違って、ディーラーでの試乗は、ある程度購入意欲がないとなかなか敷居が高いのですが、そこは割り切って試乗します。

diavel1.jpg
 こちらが「ディアベル」です。イタリア語で「悪魔」という意味のバイクですが、牧師の私が乗っていいものかどうか思う方もいることでしょうが、ただ単に名前に過ぎませんから、これがNGならお寺の地名が入った教会とかもNGになっちゃいますしね。私のバイクは「モンスター」ですから、ドカティのネーミングセンスが変わっているというだけの話でしょう。

 私が試乗したのはディアベルのクロモというやつで、上記の画像にあるように燃料タンクにクロームメッキが施されてピカピカしていてなかなかいけてます。3歳の私の息子が自分の顔が燃料タンクに写っているのを楽しんでいました(笑)。装備や性能は他のディアベルと変わりありません。

 インプレですが、まず、外観から…

diabel2.jpg
 スピードメーターやタコメーター、水温計といった基本的な情報はハンドルバー下の液晶に表示され、ギアポジションや走行モード、燃費系等のその他の情報が燃料タンク上部の液晶(何とカラー!)に表示されます。こんな場所でしかも二つのメーターに分かれていて見にくいのではと思ったのですが、意外に問題ありません。そして…バイクのくせにスマートキーなんですよ。これは便利!キーをポケットとかに入れておけばそれでエンジンかかります。ただ、あちらのバイクはヘルメットホルダーのことはほとんど考えられていません。たとえバイクにメットを固定させても顎紐を切ってでも盗まれてしまうことが少なくないからです。顎紐切ったらヘルメットとしての用をなさないんですけどね…日本の場合はヨーロッパの方と違ってメットホルダーの使用率が高いので、スマートキーでも結局キー操作がいるようになるのかもしれません。

 スタイルは見ての通り、今までのドカティにはなかったクルーザー的な先鋭的なスタイルです。ダメな人はダメでしょうが、私はアリです。こんな外観だから重いと思いきや、乗ってみると全く重さを感じません。それもそのはず、同じコンセプトのヤマハのV-maxとかハーレーのV-rodとかと比べるとメタボ気味の私一人分ぐらいの重量の差がありますから外見から想像するよりずっと軽いです。そりゃ、同社のモンスターとかスーパーバイクとかと比べたら重いですが、乾燥重量は210kgですから、1200ccのクセに国産の750ccネイキッド並みの重量しかありません。

 足つきは最高ですね。身長165cmの私が両足べったり着きます。おそらくドカティの中で一番足つきがいいのではないでしょうか。このシート高だと長身の人は窮屈に感じるかもしれませんが、そういう人はカスタムでシート高が上がるシートが売っていますし(逆は難しいのです)、問題ありません。ハンドルはクルーザーを想像していると思ったよりも遠いですが、あくまでも一般的なクルーザーと比べるとの話で、感覚的には国産ネイキッドと変わりない快適なポジションです。このポジションと足つきだけでも欲しくなってしまいます。

 続いて走行性能は、乗る前は日本仕様はたいしたことないだろうと思っていました。だって本国のイタリア仕様が162馬力で、日本仕様が112馬力…どんだけパワー削るんだ!というぐらい日本仕様は馬力を抑えています。トルクも2kg.mぐらい違いますから数値だけ見るとなんか頼りない感じです。これは世界一厳しいと言われた日本の騒音規制に適合させるための止む得ない措置です。ちなみにフルパワー化すると間違いなく騒音規制の上限値を超えてしまうらしいです。

 …ということであまり期待をしなかったのですが、走り出してみるとノーマルのままで十分事足ります。スポーツモードはエンジンレスポンスが鋭くなりますが、エンジンモードを少し出力の抑えたアーバンモードで走行しても不足を感じません。そりゃそうですよね。もともとドカのフラッグシップであるスーパーバイクのエンジンがベースですから遅いはずがありません。しかも出力を抑えるレブリミッターの効き方が自然で回しきれるのがいいです。ちょっと前のドカは一定の回転数まで達すると燃料カットをおこない「壊れたのか?」と思うほど急に加速しなくなるそうですが、これは吸入空気量の制御で徐々にパワーダウンする仕組みになっているようで、嫌なリミッターの効き方は皆無です。そもそも、そこまで回さなくとも十分な加速をします。しかも2000rpmとかでもLツインの鼓動を感じさせながらちゃんと走行できますので、まったり走ることもできます。私のM900で2000rpmとかで走ったら、下手すればエンストします…

 ハンドリングは、車重からしてある程度予測していましたが、外見からは想像できないぐらい普通のネイキッドのように旋回できます。スーパースポーツと比べると酷ですが、ちょっとスポーティに走るぐらいだったら、まったくクルーザー的なものを意識する必要はありません。私程度の技量だと限界まで引き出すことが無いぐらい普通にヒラヒラ曲がります。

 ものすごい乗りやすいバイクで、正直言って欲しくなってしまいました。お値段は…一番安いグレードで諸費用込みでざっと200万円!!…撃沈…無理ですね。10年後ぐらいに中古の値段が下がってきたらいいかもしれません。その頃はすっかりオジサン(いまでも十分そうですが)なので、こういった乗りやすいバイクはより一層いいのかもしれません。

 ただのバイクのインプレの記事になってしまいました。教会関係の人から時折「バイクや車の話題ばかりですね…」と言われたりもしますが、私はそれでいいと思っています。こういうものに興味を持ってもらえる人が見ていただければいいのです。なるべく万人向けに…ということも大切ですが、何もブログでそれをやる必要はないのではと私は思います。教会ごとにだって得意分野があるはずですから、その教会の賜物を生かしていければいいのではないでしょうか。もちろん教会はどのような方が集ってもいい場所です。だから、こういったことは決して他者を排斥することと考えるのではなく、その特定の分野の人々へのアプローチという積極的な宣教の働きであるのではないでしょうか。

客観的判断

 私のバイクは、結構「割り切り仕様」になっていて万能というわけではありません。そもそもノーマル状態でタコメーターがないというじつに割り切ったコンセプトのバイクです。

SN3K0008.jpg

 二気筒のバイクは、比較的どの回転域でもトルクフルで回転数を気にしないで乗れるので、「気軽に乗ってくれ!」というコンセプトなんだと思いますが、ドカティの場合は、必ずしもそれが当てはまりません。特にこの時代のドカは結構ピーキーなエンジン特性なので、できるだけ3000回転以上をキープしたいところですが…タコメーターがないとわかりません。しかもデスモドロミックというドカ特有の機構は二気筒らしからぬ高回転の吹け上がりをします。水冷エンジンに比べれば全然ですが、クルーザー等の他の空冷二気筒勢と比べれば明らかに高回転まで回ります。だからどこまで回して大丈夫なのかタコメーターがないと分かりません…やはりタコメーター無しは不評だったのか、この次のモデルからタコメーターが装備されています。

 あとは、これは、前のオーナーのカスタムですが、タンデムステップ(二人乗り用の足置き場)がありません。

SN3K0009.jpg
 これは私も何の為かさっぱりわかりません…よくある理由はマフラーを社外品に交換した際、タンデムステップが付けられなくなるという理由なのですが、このモンスターはノーマルマフラーですし、もしかしたら社外マフラーを付けていたけど、売却の際、マフラーだけ別に売って、タンデムステップは無くしてしまったとか…やっぱり、よくわからないですね。ちなみにシングルシートカウルは、取り外しが容易なので、わざわざ二人乗りできなくしなくてもいいような気がします。なのでこのモンスターは車検証では乗車定員は一名登録にしてあります(そうしないと車検通らないので)。

 まぁ、タコメーターは後付けも可能ですし、今のところ二人乗りする予定もないので、特に大きな支障はありません。でもいずれはタコメーターは取付けたいですね。このようなピーキーな特性のエンジンはエンジン音や感覚だけで判断するのは難しいです。

 信仰生活において、あらゆる分野で要不要論があると思います。しかし、感覚や個人的な理由で判断すると、選択を誤ってしまいます。「自分はいらないかもしれなけどみことばは必要だといっている」「自分は必要だと思ったけどみことばはそれはいらないと言っている」というみことばによる客観的判断がいつでも必要です。

 今の世の中、みんなが行なっていることが正しいとされていたり、逆に個人主義が強すぎて、「個性」という言葉が独り歩きして自分が正しいと思えばそれでいいとされていたりと、何が正しいか正しくないかを判断するのが難しい世の中です。だからこそ信仰生活は唯一絶対の規範である聖書のみことばに立っていかなくてはなりません。

 ちょっと強引なこじつけだったかな…でも、いつもそうか…
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。