スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの価値観

 最近になって、以前乗っていたバイクが懐かしくなって思い巡らしていました。嫌いになって乗り替えたわけではなく、乗車姿勢や速度レンジ等の理由で仕方なく(?)乗り替えたので、それなりに思い入れがありました。

sc44.jpg
 CBR900RRです。インジェクションになっての最初のモデルで、少々クセがありますが、ホンダらしく非常に乗りやすいバイクです。私程度の技量だと何処もいじらなくてもヒラヒラと異次元(私にとって)のコーナリングが楽しめます。乾燥重量はなんと170kg!(ちなみに前乗っていたFZXは750ccで200キロオーバーです)今の愛車monster900は400ccクラス並みの重さですが、このCBRは400ccより軽いです。取り回しも楽で、大型初心者でも問題ありません。スーパースポーツ故シート高が高かったですが、2週間ぐらいで慣れてしまいました。

 その代わり、全開加速をすると豹変します。3000回転を過ぎた辺りから二次曲線的な加速を始めます。(ここからはサーキットでのお話としてお聞きください)ローギアでもそのまま120km/hぐらいまで到達します。その間3秒ぐらいです。2速で180km/h、3速で200km/hオーバー…おそらくゼロスタートから10秒もかからないでしょう。6速全開だといったい何キロ出るんだ??…といった感じの速度レンジの高いバイクなので、公道で性能の片鱗を味わうくらいのことしかできないのでストレスが溜まるんですね。同じ900ccでも今のM900は78馬力(これでも結構な加速をします)、このCBRは150馬力ですからまるっきり違います。

 あとは前傾姿勢を強いられるポジションが私にはきつかったです。2台所有できるのであればこういうバイクは今でも乗りたいですが、1台のみしか所有できず、普段の足としての使い勝手を考えると、今後、こういったバイクを所有することはないと思います。寂しいですね…

 ちなみに現行1000ccスーパースポーツはローギアで160km/hぐらい出てしまうらしいです。こうなると国内仕様のバイクは2速に入れて加速したと思ったらすぐに180km/hリミッターが作動してしまいます。何故、こうまでローギアがロングなのかというと、サーキットでキツイヘアピンコーナーをローギアで旋回してそのまま立ち上がりでシフトアップなしである程度加速できるようにしてあるのです。こういったバイクは常にサーキット走行も意識して作られています。

 私は、サーキットで走るわけでものないので、こういったバイクは今後、一台所有であるなら乗らないと思いますが、たとえ公道でその片鱗しか味わえなくても、本人が満足すればそれでいいのだと思います。「無駄だね!」なんてことは絶対に言ってはいけません。もちろん「公道で使いきれる性能がいい」とか「疲れないポジションがいい」という人にはおススメしませんが、バイクに求めるものは人それぞれです。「カッコいい!」というだけで乗るのもありです。所有欲を満たしたいから…というのもアリだと思います。150馬力のバイクに乗ったら150馬力を使いきらなければならないなんてことは全然ありません。だからメーカーもサーキット専用車だけではなく、公道仕様も販売しているわけです。ある人にとっての無駄が、ある人にとっては無駄ではないのです。

 教会の働きとは時に多岐に渡ります。その為、価値観のすれ違いから「そんなことは無駄ではないか」と思ってしまうようなこともあります。もちろん聖書のみことばの土台に立ってということですが ある人にとっては無駄と思えるようなことでも、ある人にとっては価値あるものであるということがあるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

新東名

 今週は、私が所属する教団の教団総会が行なわれ、静岡県に行ってきました。今回で全教会が一同に集う総会はおそらく最後になるだろうということで(代議員制総会の議案が可決され、本当に最後となりました)、普段はなかなか行けない家族と共に車でいきました。

 教団総会は教団の大切な審議事項を取り扱う大切な会議ですが、もうひとつの大切な目的として主にある同労者と兄姉との交わりということがあります。全国230余り及ぶ教会数なので、同じ教団であっても普段はほとんどお話しすることができない方々との交わりは大切なものです。各宣教区の代表者が集う代議員制総会になるので、その交わりの役割は研修会や記念大会等が担うことになります。

 帰り道ですが、前々から興味があった新東名を通って見ました。噂通り非常に走りやすい道路です。勾配もカーブも緩やかで道幅も広く、疲労感が少ないです。トンネル内も緊急車両が楽々通れるであろう広い路肩がありました。

 この新東名、何故、このような設計になっているのかというと、設計速度が140km/hを担保した構造であるからです。従来までは設計速度120km/hしか存在していなかったので国土交通省が改正を要請したのですが、警察庁が猛反対して設計速度120km/hで制限速度100km/hでの運用がなされています。しかし、設計そのものを変更したわけではないので、実際は140km/h設計の道路であります。

 今後もし設計速度140km/hが認可されれば、おそらく制限速度は120km/hとなると思います。はっきりいって今時の車は、ある程度排気量があれば安全に120km/h巡航することは造作もないことです。120km/h巡航が危険である車両はただ単に速度を落とせばいいわけです。制限速度はあくまでも上限であって、その速度で走らなければならないということではありません。高速は追越し車線もありますしね。

 警察庁もそのことは分かっていると思うのですが、何故、そこまで反発するのかというと、おそらく120km/h制限にしたら140km/hぐらいで走る車が増えて危険であるという理由なのだと思います。もちろん最初から違反を認めるような発言を公でするはずもありませんが、結構、当っている理由だと思います。確かにスピードの出し過ぎによる事故は多いのですが、規制速度を留めたからといって減るものでもないと思うんですけどね。制限速度の100km/hの高速道路だって設計速度を上回るような速度を出せば危険なわけですから、問題はもっと別のところにあると思います。

 さて、この新東名、サービスエリアが非常に充実しています。静岡SAと清水SAの2か所寄っていったのですが、どちらの施設も非常に充実しています。SAでもらってきたパンフレットを見ると他の場所も同様に充実しています。食べ物はもちろんのこと、その他の施設も各SA毎に充実しています。

rc8.jpg
 オーストリアのKTMというメーカーのバイクです。こんなコンパクトな車体で1200ccもあります。清水SAにはバイクや車が展示してありました。なんとレンタルバイクやバイク用品店なんかもあったりして従来のSAでは考えられないような施設があります。

 今後、教団総会はおそらく今までの施設では行なわないと思うので、なかなか新東名を走る機会がありませんが、機会があればまた行ってみたいですね。

「基礎」と「実際」

 そろそろ春ですね。故郷長野では4月に入るまでは車はノーマルタイヤに戻しませんが、この新潟県では迷うところです。市内はおそらくもうノーマルタイヤで問題ありません。しかし、来週は静岡に、その次の週は長野に(妻がですが)いくのでどうしても県境を通らなければなりません。本当はスタッドレスタイヤは今シーズン買ったばかりだったので、あまり長距離の高速道路を走りたくはありません。新品スタッドレスは柔らかいので高速走行ではブロックが傷みやすいのです。まぁ、チェーン規制かかったり、朝晩の走行時の凍結が怖いので仕方がありません。

 春と言えばいよいよバイクシーズン到来です。冬は本当にたまにしか乗れませんが、いつでも乗れるということは嬉しいものです。私は昔からバイクが好きで、高校生時代に今でいうところの普通二輪免許(400cc以下のバイクが乗れる免許です)を取りました。高校卒業後の何年かはバイクに乗っていましたが、その後しばらく乗っていませんでした。その間15年ぐらいでしょうか。再び乗り始めたのは、家族がいると移動手段がどうしても一つだと不便だという理由でした。しかし乗り始めるとバイク熱が再燃して、憧れの大型バイクに乗りたくなって2年半ほど前に大型二輪免許を取得して今に至っています。

 何故、憧れだったかというとただ単に大型バイクの値段が高いということではなく、昔は免許取得そのものが難関でした。何せ自動車学校の教習項目に大型二輪はなく、免許センターの技能試験に合格するしかなかったのです。当時の合格率は10%にも満たなかったようです。2、3回落ちるのは当たり前で、10回以上落ちるのも珍しくなかったようです。だから大型ライダーは乗っているバイクが凄いということもありますが、それ以上に「あの難関を突破したつわもの」という意味での憧れの存在でした。自動車学校での実技免除がないというのは実に理不尽な制度なのですが、これも昔の○走族や事故対策のいき過ぎた対策の一つでしょう。

 しかし私がバイクに乗り始めたことは高嶺の花であった大型二輪免許が、いつのまにか教習所で取れるようになっています。確か私が一時期バイクに乗らなくなった直後ぐらいからだったと思いますが、とてもありがたい制度の見直しです。この制度の見直しで大型ライダーは飛躍的に増えました。当然、迷うことなく私は教習所コースです。一発試験にこだわる方々は、こういった動きを「免許をお金で買ったやつら」と非難したりします。それを言ったら「あなた方は4輪免許も一発試験で取ったのですか?」と言いたくなってしまいます。それにある程度の教習時間をこなしていく中で基本動作を覚えることは有益であると私は思います。

 大型二輪の教習は、ほとんどの教習所が750ccを使用します。一部、人気取りのためにハーレーの883ccを使用したりしているところもありますが、「憧れのハーレーに乗りたいんだったら、教習ではなく免許を取ってから自分のバイクとして乗った方が感動がある!」とあるバイク好き芸人が言っていましたが、私もその意見に賛成です。まぁ、それはいいのですが…今日のお話は、教習所で教えてもらう運転の仕方と、実際の公道での適切な運転の仕方とは必ずしも同じではないというお話しです。これは4輪もそうだと思いますが、おそらく、この矛盾は指導教官も認識した上で教えていると思います。

 たとえばブレーキです。教習所でフロントブレーキは「四本指でかけなさい」と教わりますが、実際に四本指なんかで急ブレーキをかけたら、昔のバイクならともかく、今のバイクは制動力が強すぎて前輪ロック→転倒というのがオチです。実際のところ指二本あれば十分な制動力を得られます。あとは、リヤブレーキの使い方です。教習所では一本橋等で速度調整や姿勢制御にリヤブレーキではなくクラッチの断続によって行ないなさいと教わりますが、実際の公道での低速時の姿勢制御や微妙な速度調整などはリヤブレーキを使用します。クラッチワークでなんかやっていたら、あっという間にクラッチ減りますし、何よりもギヤ比の高いバイクだとエンストの可能性大で逆に危険です。ちなみに教習所使用のバイクは30km/hぐらいでも3速ぐらいまで入れられるようにギヤ比が低めになっているのでエンストしにくいのです。私のバイクだとこの速度ならローギアです…

 まだまだいっぱいあると思います。この矛盾がすべて悪いわけではなく、教習所はあくまでも「基本」を覚える場所ですから「あとは現状に則した運転技術を身につけてね」ということなのだと思います。教習所のテクニックだけで公道を不都合無く運転できるかと言えばそんなことはないのです。「免許は取ったもん勝ち!」と言われたりもしますが、取ってからが勝負だと思います。実際の公道で「えー、そんなの教習所で教わらなかった!」といっても誰も認めてくれません。

 信仰生活のスタートラインの一つの目安は洗礼式であると思います。しかし、信仰は持っていても、この洗礼式にまで辿りつかない方々もいます。いろいろな理由があるのだと思いますが、その内の一つが、洗礼を受ける前に何でもかんでも身につけなければならないと思っていることがあるのだと思います。「もっともっと聖書の知識を蓄えなければ…」「もっと生活態度を改めてからでなくては…」等です。

 こういったことは大切なことであると思いますが、いくら洗礼前に大量の学びと訓練を行なっても、実際のクリスチャン生活に差しかかると「えー、こんなこと聞いてないよ!」というような思いもよらないことが起きるのです。最低限の学びは必要ですが、予測不能の事を学んでもきりがありません。勝負はクリスチャン生活に入ってからです。それこそ一生の戦いであると思いますが、その先に永遠の祝福があることに希望を抱き、歩んでいくものでありたいです。

 

感覚ではなく客観的視点で

 昨年、レガシィに車を買い替えた時、私は年に1、2回は仕事の関係で遠出するので今度の車はどうしてもオートクルーズが欲しい!」と思っていましたので、買った直後に、後付けでオートクルーズを付けました。オートクルーズとは、アクセルを離しても車速を一定に保ってくれる機能のことです。高速道路なんかでは非常に便利です。

 「後付けで付くの?」と思う方もいるかもしれませんが、意外に方法はいくつかあります。まず、最初からオートクルーズの設定がオプション等である車種は、基本はベースが一緒で部品を付けてあるかどうかの差なので純正の部品を取り寄せれば問題なく付きます。ウチのレガシィもオプションでは設定があるのでインパネに「ACC」というランプがあります。当然、点くことはありませんが…ただし、ハンドルを外す必要があり、エアバックの暴発が怖いのでこの方法は見送りです(自分で取り付けるのが前提なので)。あと、純正品だと105km/hぐらいまでしか固定できません。まぁ、高速の制限速度は100km/hですけどね(笑)。

 次の方法は社外品でのパーツを取りつける方法です。取りつける車が電子スロットルであることが前提ですが、結構いろいろな種類があります。そこで私が購入したのが「3drive・AC」というパーツです。

3driveac.jpg
 オートクルーズ機能に加え、スロットルコントロール機能まで付いている優れモノです。スロットルコントロール機能とは同じアクセル開度でも余計にスロットルを開けたり、少なめにスロットルを開けたりする機能です。プラス側いっぱいに振ればちょっとアクセル踏んだだけで「ぐわー!」と加速していきます。逆にマイナス側いっぱいにふれば、マッタリ加速になり、めいいっぱいアクセルを踏んでもスロットル開度が80%程度にまで抑えられ、燃費走行に役立ちます。あくまでもアクセル開度を調整する機能なのでプラス側にしてもパワーが100%以上の出力が出ることは決してありませんし、マイナス側にしても燃調マップが変わるわけではありませんのでエンジン回転数が同じなら燃費は変わりません。

 まぁ、オートクルーズ機能が主たる購入の目的なので、スロコンの方は+2ぐらいの設定にして普段はほとんどいじりません。取付は、ご丁寧に車速センサー等の車種ごとの配線図が付属していましたので、なんとかできました。実際に使用してみて、やっぱり便利ですね。アイサイトみたいに車間を一定に保ち速度を調整する機能はありませんが、それでも長距離移動時の疲労がだいぶ減ります。そして気づいたことですが、高速は気がつかないような緩やかな坂道が意外に多いということです。オートクルーズは車速を一定に保とうとするので、登り坂で速度が落ちると設定速度まで再加速します(急加速にならないように速度復帰の加速レベルも調整出来ます)。加速すると当然分かるのですが、機械の方でふっと加速し始めて「あれ?ここ登り坂だったんだ…」と思うような場所が結構多かったりします。

 高速道路の渋滞の原因の第一位は登り坂です。あまりスピードメーターに気を配らないドライバーが登り坂で知らない間に微妙に速度が落ちて、ちゃんと一定速度を保っている後続車が車間距離が近づきブレーキを踏まざる得なくなり、その減速幅が徐々に酷くなり、数キロ後ろでは完全に停止状態になるというのが登り坂渋滞のメカニズムです。まるで宗教のように何でもかんでもエコを推進する人が結構いますが、テレビで「たとえ登り坂に差しかかって多少速度が落ちても、アクセルを踏み込むと燃費が落ちるので、そのままのアクセル開度で走行した方がいいです!後続車が混んでいなければ影響はありません!」なんて解説している人がいました。「影響あるのはすぐ後ろではなく数キロ先なんだけど!」と叫びたくなりました。渋滞になった方がよっぽどエコではないのですけど、そういう人たちは本当に「専門家」を名乗っていいのでしょうか?

 まぁ、つまりは、自分では一定速度を保っているつもりでも、気づかないうちに速度が落ちていることがあるので、感覚ではなく、スピードメーターで客観的に速度確認を常に行なう必要があるということです。

 私たちの信仰生活も「客観的」な点検が必要なのだと思います。「客観的」とはつまりはみことばによる信仰の点検ということです。「喜びがあるから!」とか「気が乗らない…」とかいう主観的なものは無駄ではありませんが、そればかりに頼ると信仰的に聖書的にいつの間にか遠のいてしまうということがあります。「自分は大丈夫!」なんて言っても、これは気づかないうち起こりうることですから全然大丈夫ではありません。いつもみことばによって客観的な視点によって自らの信仰生活の点検を日々行なっていくことが大切なのではないでしょうか。


小さな改善で大きな効果

 昨年の秋にVツインエンジン(正確にはLツイン)のバイクに乗り替えて以来、ツインのフィーリングが好きになってしまいました。そんな中で私が今、気になっているバイクがBMWのF800GTという並列ツインエンジンのバイクです。このバイクはF800STというバイクの後継機として今年に入って発売されたばかりのバイクです。

F800ST.jpg
 こちらが前モデルのF800STです。これはこれで悪くないのですが、どうもアンダーカウルが中途半端な感じがして「ハーフカウルなのか、フルカウルなのかはハッキリしろ!」と言いたくなるような感じです…はっきり言って見向きもしなかったバイクです。

F800GT.jpg
 そしてこちらがF800GTです。カウリングのデザインがだいぶ変更されているのですが、アンダーカウルの処理の仕方でこうも印象が変わるのかと思えるようなナイスなモデルチェンジです。ぱっと見ハンドルポストも高そうな感じで運転が楽そうです。

 私は身長が低めなので(165cm)結構シート高が気になりますが、日本仕様のシート高は765mmだそうで、大型バイクとしてはかなり低い部類になります。以前乗っていたCBRは820mmでしたから、その差5.5cmもあるということです、CBRは片足でも足の裏の半分ぐらいしか地面に着かなかったものが、べったり地面に接地するぐらいの差があります。

 私は、今はネイキッドに乗ってますが、本当はフルカウルのバイクが好きです。それに新潟のように風が強い地域はカウルの恩恵は大きいです。しかし、ある程度排気量の余裕があり、フルカウルでツインで前傾姿勢のキツくないバイクというとなかなかありません。特に4気筒が主流の国産車は選択肢がほぼないと言ってもいいです。カワサキのニンジャ650ぐらいじゃないかと思います。しかしこのF800GTは私の要求する要素を全て満たしているようなバイクで、とても魅力的です。リアキャリアが初めから付いていますからツーリングにも重宝しそうです。

 でもドカティのエンジンの魅力は捨て難く、このF800GTのようなパッケージングでドカのLツインを積んでいれば言うことなしです。今はカタログ落ちしちゃったけどドカティにもフルカウルのツアラーモデルのSTシリーズというバイクがありました。ちょっと気になりますね。

 モデルチェンジでちょっとカウルの造形を変えただけで(エンジンも手が入ってますが)「別に興味ない…」が「魅力的だ!欲しい!」に変わってしまうとは我ながら人間の心理とは面白いものです。ただBMWは価格設定が高めで、このF800GTの値段で国産のリッターSSや1300ccクラスのメガスポーツが買えてしまうような値段なので、それが惜しいところです。将来の中古市場に期待しましょう。

 どの教会も、いろいろ改善したり工夫したりしなければならないことは多々あると思います。しかし経済的に厳しかったり、人数的に厳しかったりして断念することもあると思います。しかし、ちょっとした工夫で見違えるように改善されることもたくさんあるのだと思います。

 例えば、私たちの教会は教会よりも牧師館の方が手前にあるので、奥にある教会の入り口ではなく、間違えて牧師館に尋ねて来られる方もいます。チャイムを鳴らしてくれればまだいいのですが、教会だと思って、チャイムもならさずそのまま我が家に入って来られる方もたまーにですがいます(先週もいました)。夜とかだと本当に焦ります。そんなわけでいつも我が家は在宅中でも鍵をかけています(子どもが出ていってしまわないようにという理由もありますが)。

IMGP1074.jpg
 こんな感じで奥に教会の入口があります。牧師館の玄関の方が手前にあって目につくので間違えやすいのです。特に駐車してしまうと入口が見えません。かといって駐車スペースの関係でこの通路に駐車しないわけにはいきません。

 ある教会員の方が「教会の入口が奥でしかも横を向いているから分かりづらいので、入口が奥になるのは仕方がないとしても、せめて玄関を延長して正面に向けることはできないだろうか?」とご提案されました。確かに良いアイディアですが、それなりに経費のかかることであります。しかし別の教会員の方が「すぐに玄関を改装するのは無理だけど、手前に案内板を立てればどうだろうか」とおっしゃいました。当たり前のようなことですが盲点でした。教会には外には案内看板がありますが、敷地内に入ると案内がありません。毎週来ている人からすれば「そんなの間違えっこないよ!」と思うようなことであっても、初めての方は間違えてもおかしくありませんし、現に前述のように間違える方もいます。近々、さっそく何か案内板を敷地内に立てようと思います。

 このような私たちにとって小さな改善が、初めて来られた方にとっては大きな改善となるようなことはまだあると思いますので、考えて行きたいと思います。
 
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。