スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージと事実

 間もなくゴールデンウィークに入ります。世間では、ガソリン代高騰に伴い、ガソリンが節約できる近場のスポットが人気となるのではとの予想です。

 確かにガソリン代は高いですね。レギュラーガソリンがちょっと前のハイオク並み(あるいはそれ以上)です。日常の足として車を使っている方々は年間を通すと以前と比べて結構な差額になるでしょう。

 しかし、冷静に考えてみましょう。仮にガソリンが高騰する前との1ℓあたりのガソリン価格の差を15円ぐらいとします(1ℓあたり100円を切っていたような時代と比べると身も蓋もないのでやめましょう)。そんでもって行楽に出かける距離を仮に1000kmとします(多く見積もっています)。さらに燃費を休日の渋滞等も考慮して10km/ℓとします(これも悪く見積もってます)。そうするとガソリンを100ℓ使う計算になります。ということは、ガソリン価格高騰前との差額は「たった1500円」ということになります。これは悪く見積もっているので実際は差額はさらに少ない可能性があります。

 これが毎月ならともかく、多い人でも年間数回の長距離家族旅行で1500円を惜しむというのはどうなのかと私は思います。家族4人なら旅先の食事代1回にも満たない金額です。年間数回の+1500円ぐらいの贅沢(あるいはそれ以上)なんて誰でもやっていると思いますし、私だってそうです。しかし、たったそれだけのガソリン代だけの差額を惜しんで地方の行楽地で商売をしている方々がダメージを受けるのは大変ですし、また日本の景気とっても良くないと思います。

 それを承知の上で節約をする人はそれはそれでいいと思うのですが、中には(私の予想ではかなりの割合の人)ガソリン高騰が過大にイメージされて、旅行する上での全体の費用としては大した差額ではないということに気づいていない人がいるのではないかと思います。報道でのイメージや1ℓあたりの価格差という限られた視野でしか見ないと時に事実を見誤ります。

 聖書は66巻全てが誤りなき神のことばです。イメージで「そんな奇跡は信じられない」とか「多数派が言っていることが正しい」という視点で読むと真実が見えません。また文脈を無視して一か所だけを抜き取って強調することも真実を見誤る危険性があります。カルトがその典型でしょう。離れたところで森だけを見るのではなく、その中の一本の木だけを見るのでもなく、森を見つつ、一本一本の木を大切にしていくべきだと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。