スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいてないだけかも?

 みなさん、最近、異様にヘッドライトがまぶしい車を見かけませんか?昔は大抵そういうのはハイビームにしているか、ちょっとぶつけて光軸が狂っているかでしたが、しかし最近はハイビームで走っているわけでもなさそうでいったい??…と思っている人もいるかもしれません。その中のかなりの割合の人はライトのバルブをハロゲン球から「HID」というヤツに変えていると思われます。

 普通のハロゲン球は、バルブの中のフィラメントに電気を通してその明りを光源とするものです。家庭用の一般的な白熱球がそうですね。一方HIDはフィラメントがなく直接放電します。大抵の電球切れの原因はフィラメントが切れてしまうことですが、このHIDはそれが存在しないわけですから球切れの心配が低く、長寿命なのです、しかもフィラメントを通して明るさを得るのとは違い、バルブの中で直接放電を行っているので、明るさはハロゲン球よりも優れます。しかも出力が少なくて済むといういいことだらけですから、近年、車のヘッドライトをHIDバルブに交換する人が増えています。

 しかし、いいことばかりではありません。そもそも純正のヘッドライトレンズや中のリフレクターは、もともと付いているハロゲン球が前提で設計されていますから、ハロゲン球と違う光の広がり方をするHIDでは想定外の照射の仕方をしてしまいます。それが対向車をまぶしくする原因です(純正でHIDの場合は問題ありません)。その為、本当はカッティングシート等で照射範囲を調整しなければなりませんが、多くの人はそれをやってません。

 対向車で真っ白な光や青白い光でまぶしいと感じたら、かなりの確率でHID装着車と思っていいです。本当にアレはやめてほしいです。前が見えなくなってこちらが事故りそうになります。騒音マフラーやシャコ短車なども迷惑ですが、他車が事故る原因にはなりません。ある意味あのまぶしさは違法改造よりも危険です(厳密には光軸や照射範囲を調整していないHIDも違法ですが)。たぶん気付いていない人が多いんでしょうね。「おお!明るい!遠くまで見えてこれはいいや!」とかいう感じなのでしょう。ハイビームでもないのに遠くが明るいということは対向車は…まぁ、ちゃんと考えれば分かることなんですけどね(笑)。

 爆音マフラーとかと違って、HIDの場合はごく普通の人が相手がまぶしいことに気付かず悪気が無い人もいることでしょう(確信犯の人もいますが)。だから教えてあげればいいんです。でも、一般人が注意するのは難しいでしょう。事件が起きてしまうかもしれません。お巡りさんがそういう車をみかけたら、切符切るとかではなく、少しだけアドバイスをしてあげればいいなじゃないかと思います。悪気が無ければ大抵の人は対処してくれるはずです。

 Ⅰコリント13章に「愛は人のした悪を思わず」という聖書のみことばがありますが、これは悪を見過ごすとか理不尽を耐えろとかいう意味ではありません。「あいつまたやりやがった!これで○○回目だ!」といって、悪の統計を心の中で積み重ねないという意味です。心の中で悪の統計を積み重ねていたところが実は本人は悪気はなく気付いていないだけだったということは以外に多くあることでしょう。それでは、相手を正しく導けないばかりではなく、自分自身も悪の思いで蝕まれかねないのです。言い方やタイミングに配慮は必要ですが、少なくとも心の中で相手の過ちを積み重ねるだけのことは避けるべきではないでしょうか。
スポンサーサイト

弱さに苦しむことは大切!?

 最近、某有名子どもタレントの学業問題が指摘されています。日中の仕事も増え、学校の欠席が増えていることに一部で問題視されています。私の個人的意見を言わせてもらえば、この指摘はもっともだと言わざる得ません。

 小中学校は義務教育です。義務教育は子どもたちが教育を受ける義務があると言われますが、同様に教育を「受けさせる」義務も存在します。その為に私たち国民の税金が使われていることは言うまでもありません。にもかかわらず、学校教育をおろそかにするということはあってはならないことです。

 いじめや病気で望みながらも学校に通えない人がいる中で、自らの意思(あるいは親の意思!?)で仕事を取るという発想は褒められたものではありません。私自身、学校をサボったことが一回もないかと言えばそうではありませんが、少なくとも、それが選択の中であってもいいことと思ったことはありません。知っていながらも自らの意思が勝ってしまうという人の弱さです。もしかしたら、話題の子どもタレントも同様のジレンマを抱えているのかもしれません。あるいはまったく無自覚のままであるのかもしれません。それは本人にしか分かりませんが、私は前者の方が健全であると思います。

 クリスチャンは救われたからと言って罪を犯さなくなるわけではありません。むしろ、みことばによって罪がよりわかるようになって、自らの弱さと罪との狭間で苦しんでいる人もいるでしょう。でも、キツイようですが、それが信仰生活の中では大切なことです。

 「罪で苦しむのが大切なのか?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、人は不完全である以上、罪を犯さなくなることは決してありません。罪に苦しまないということは悔改めを生みません。私たちは救われながらも自らの弱さとに苦しみながらも、そこに向かい合ってこそ、キリストの十字架の贖いと赦しの恵みに立ち返るえることができるのではないでしょうか。
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。