スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「守れないなら仕方がない」でいいのだろうか?

 今年もバイブルキャンプの奉仕をさせていただきました。今回は私にとっては初めてとなる青年キャンプの奉仕です。手探りの中、多くの奉仕者の皆さんに支えられながら、恵みの内に終えることができて感謝です。

 講師のY先生より、5回にわたってメッセージをしていただきましたが、どれも恵み多きメッセージであり励まされました。その中で青年キャンプということもありますが、恋愛・結婚についてのメッセージも語られました。Y先生はストレートに聖書的な恋愛・結婚観や性の問題について語られました。

 今の時代には本当にこのようなメッセージが必要です。何故ならば、たとえ信仰生活が長い青年と言えども、必ずしも聖書的価値観が備わっているとは限らないからです。おそらくY先生の語ってくださったことは20年も前なら、この世的にも受け入れられる内容であり、少なくてもクリスチャンとしては当たり前であるという内容です。しかし、以前は当たり前であったことが今日はたとえクリスチャンであっても「そんなの古い!」と言われるような結婚観の崩壊した時代です。

 私はいつも思わされることですが「今は時代が違うから!」などと言って聖書的価値観までも変えてしまうことは断じてあってはならないと思います。そんな事を言ってしまえば「聖書の福音はもう2000年も前の事だから、もうその救いは古いのだ!」という論法が成立してしまいます。聖書のみことばに「これは変えても良くて、これは変えちゃダメ!」なんて基準をどうやって決めるのでしょうか?全部が永遠に変わらない神のことばであるからこそ私たちは信頼し、信じることができるのではないでしょうか。

 確かに異性に関しての罪も、神様の御前では、他の罪と同様、一つの罪にしか過ぎません。神の御前には赦されるべき罪です。しかし、心と体のダメージは他の罪とは違う性質のものであり、信仰的にも神様から引き離そうとする力が大きく働く性質のものです。できるならば聖書的な正しい結婚を多くの方々にしてほしいと願うのであります。もちろん、そのような罪を犯したからと言って必要以上に自分を責める必要はありません。どんな罪もキリストの十字架の贖いによって赦されるからです。しかし「今の時代はどうせ守ることが無理な律法だから…」と考えるのは、はたして神様の御前に喜ばれる行為であるかどうかを皆が考えていく必要があるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

狭いニーズに応える

 7、8年前でしょうか。以前、高速道路で十数台のフェラーリの集団に遭遇したことがあります。この集団はいったい総額何億円になるのだろう…などと思ってしまいました(笑)。車好きにとっては壮観の一言です。甲高いエグゾーストノートを響かせながら何台も追い抜いていくのは聞いていて気持ち良くなります。ちなみに皆さん、そんなにかっ飛ばしていたわけではなく、フェラーリはそんなにかっ飛ばさなくても、心地よいサウンドが響くのです。日本車も見習ってもらいたいものです。

 大衆車は静かな方がいいですが、スポーツカーはそれなりのサウンドを奏でた方がいいと思うのです。人によってうるさいと感じる方もいるでしょうが、それを言い出せば隣の掃除機の音一つでも嫌だという人がいますから不毛な議論です(違法改造は別)。また「騒音規制」というものが存在しますし…ちなみに国産車は、スポーツカーであっても、かなり遠慮して世界一厳しいと言われている日本の騒音規制を大きく下回るようなセッティングになってます。

 後で知ったのですが、集団に遭遇した近くでフェラーリの「オーナーズミーティング」があったようです。「オーナーズミーティング」とは、特定の車種の愛好家たちが一つ所に集まって交流を持つイベントです。数年前に同じ県内でハーレーのオーナーズミーティングにも遭遇したことがあります。このようなイベントは各地で結構行われています。

 良く見かける大衆車はこのようなことを行わなくても、周りに結構乗っている人がいると思うのですが、スポーツカーやクラシックカー、あるいはオートバイ全般は、乗っている人がそんなにいないので、全国規模で行わないと、なかなか交流がもてなかったりします。逆に知り合いで誰も乗ってる人がいなくても、イベントを行えばちゃんと需要があって続々と集まってくるのだなぁと思わされます。

 教会で伝えるべきは福音であり、大切にすべきは礼拝です。これがないともう教会ではなくなってしまいます。しかし、これら以外は行ってはならないなんてことはありません。心理から逸れるような恐れがあるものは別ですがオーナーズミーティングのように、たとえ一般的には需要なないようなことと思われるようなことであっても、ある特定の趣味や興味を共通点とする、言ってしまえば良い意味で狭いニーズに応えるような働きも大切なのではないかと思うのです。実際にそのようにして複数のサークル活動や交わりを持っている教会も多くあります。

 もちろん「狭いニーズ」に応えるためには、そのニーズに対して賜物を持っている人がいないとできません。しかし、もしかしたら埋もれているだけで、素晴らしい賜物が隠されているかもしれません。あるいは、そのようにしたいと願って進んでいくところで原石が磨かれ、賜物として用いられていくかもしれません。私自身もそのようなものはないだろうか…そんなふうにも思わされます。
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。