スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クーラー」って悪者なの?

 暑い日が続いております。おかげでエアコンの売れ行きが好調らしいですが、我が家もエアコン抜きでは過ごせません。今年は熱中症になった方々が多いそうですが、室内で症状を訴えられた方の多くが「クーラー未使用」だそうです。理由として…

①クーラーが嫌いだから
②クーラーは贅沢品だから
③クーラーは地球温暖化を招くから

 このような理由が主なものとして挙げられます。しかし、クーラーを普段使用している私からすると、もう少しこの理由については考え直す必要があると思います。

 ①については、何故、嫌いというならば、体質的な場合は仕方がないのですが、多くは「冷えすぎるから、風が冷たすぎるから」というものです。しかし、それは設定温度次第ですし、最近のクーラーは、一昔前程の強烈な冷風が出るものとは違い、部屋全体を均等に冷やすためにマイルドな風が出るような設定になっています。あとは、直接冷気が当たらないように風向きを調整したり、風量を弱にしたり、扇風機と併用して空気を循環させたりすれば、だいぶ冷え過ぎは防げます。

 ②については、偏見と勘違いがあるように思えます。まず、何が偏見かというと「贅沢品」と思われていることです。クーラーの電気代は一昔前であれば確かに「贅沢品」と言われるぐらいのビックリ電気代になっていたと思いますが、現在はインバーター式という状況に応じて運転能力を変える省エネタイプが主流です。下手をすれば20年前のものと比べれば倍以上の差があります。某メーカーのHPには「クーラーを我慢する代わりに食べた100円のアイスクリームよりも、10時間クーラーを使用した方が安い!」と掲載されていましたが、消費電力等から計算すると、その通りでしょう。

 もう一つの「勘違い」ですが、「クーラーなんて贅沢!昔は扇風機で我慢してたのだ!」という発想です。確かに私の子どもの頃も扇風機しかありませんでしたし、それで十分、夏を乗り切れました。そんな方々は一度、ここ数年の天気予報とにらめっこしてください。10、20年前と最高気温にどれだけの差があるかと驚くことでしょう。我が家のクーラーの設定温度は28~29℃ぐらいですが、私の子どもの頃は外気温がそんなもんでした。たまに30℃を超えると「うわ~!今日は30℃以上ある!」と暑がったことを思い出します。最近の夏は最高気温30℃と聞いたら「今日は涼しいね」といった感じです。残念ながら、もはや扇風機だけではどうしようもない時代になっています。

 ③ですが、エコの為に自分が体調を崩して病気になったら、節約した何倍ものエネルギーを、その治療の為に遣わなければなりません。環境を考えることは大切ですが、熱中症になったら、考えることもできなくなります。「そのクーラーが地球温暖化を招いているのだ!」という方もいると思いますが、それは誤りです。そもそもクーラーの仕組みは気化熱を利用しているわけでして、説明しますと…長くなります。ようは熱い空気が一点に集中するヒートアイランド現象を引き起こすことはあっても、地球全体の温暖化の直接的原因とは結び付かないということです。まぁ、これを気にしてクーラーを我慢する人は少数派だと思いますが…

 問題は①と②です。現在の環境を考え、その環境に適応していくためにで何が与えられ、何を自分が用いるべきかをよく理解することです。与えられている環境も、自分自身も年月と共に変化していきます。その時々での判断が求められます。さまざまな所でも呼びかけられていることですが、気温が30℃以上とかになったら、熱中症対策にクーラーは不可欠です。自分の身を守る為にも是非、知恵をもって活用していって欲しいものです。これって教会の伝道方策にも通じるものですよね。

 でも、冷やし過ぎは外気温との差や、電力供給不足防止の観点からは気をつけるべき問題ですね。
スポンサーサイト

元の意味から変化するもの

 車の運転技術に「ドリフト走法」というものがあります。コーナー手前で後輪タイヤを意図的にスリップさせて、コーナーの内側に車が傾くところを、ハンドルをコーナーの向きとは逆側にきって(カウンターステアと言います)、前輪タイヤを外側に向けてコーナーを走り抜ける走法です。夜の峠などいくときっと今でもドリフトを楽しんでいる人たちがいます。タイヤを意図的にスリップさせるので、下手すれば一晩でタイヤが終わります。勿論、公道なので違法行為です。私も若かりし頃はそれで楽しんでいました(反省…)。皆さん、そのような行為はサーキットで楽しみましょう。ちょっとそのような若者側の視点から言うなら、金銭面でも、距離の面でも、もっと、サーキットが身近になればいいのになぁと思います。


文章だとイメージが沸かないと思うので一応動画を…こんな感じです。コーナーで前輪が曲がる方とは逆の方に切れているのがわかるでしょうか。


 さて、このドリフト走法ですが、じつはお遊びの為に編み出されたのではなく「危険回避」の為に編み出されたテクニックです。雪国で運転する方なら分かると思いますが、雪道で曲がろうとしたら(特に後輪駆動車)後輪が外に流れてスピンしそうになった、あるいはスピンしてしまったということは雪国では多くの人が経験することだと思います。しかし、このドリフト走法のようにして、ハンドルを曲がる方向と逆の方向に切ることによってスピンを防ぐことができます。あまりタイミングが遅いと意味がありませんし、ハンドルを元に戻すのが遅れると、今度は逆側に振られてしまいます。まぁ、これはあくまでも緊急回避としての手段なので、滑りやすい路面では十分に減速するのが一番です。

 そのような危険回避の為のテクニックが、現在はいつのまにかお遊びの一つになってしまったわけです。そして今ではお遊びであったものが、本格化してモータースポーツにもなって、ドリフト専門の大会が行われるぐらいです(もちろんサーキットでですけど)。ラリー等は、上の動画を見てもらえばわかりますが、滑りやすい路面を走ることが基本なので、ドリフト走法の技術は必須です。

 教会には、元の意味とは変わってしまったものを用いているものが多くあると思います。それは二通りに分かれます。一つは元の意味は違うけど、教会の働きの為にはその変化が有効な場合です。代表的なものは「十字架」です。十字架の最初の意味は死刑の道具でした。しかし、イエス・キリストが私たちの罪の為に十字架にかかって下さったことにより、その意味は死刑の道具から、救いの象徴となりました。教会には必ずと言っていいほど内外に十字架がありますし、十字架のネックレスを「死刑の道具」として付けている人など今はいません。

 二つ目は、その意味が変化したことによって、教会の働きにふさわしくないものとなってしまうことです。例えば「絵画」です。聖書のことや登場人物を題材にした絵画は多く存在します。それらを描いた画家はきっと、その聖書の教えの素晴らしさやその人物の素晴らしさを描きたかったのだと思いますが、時代とともにその描く意味が変わっていき、いつしかそれは「聖画」と呼ばれるようになりました。そして時にその絵画自体が崇拝対象となってしまったりします。聖画そのものが悪いわけではありません。最初の意味のように、その絵を通し、その背後の神をほめたたえることができれば問題ないのですが、人は弱いのです。やはり、目の前のものが気になってしまうのです。これは賛否両論あることなのですが、私たちプロテスタント教会は「絵画」や「像」を崇拝対象にはしません。

 きっと聖書も、今まで多くの写本が発見されているにも関わらず「原本」が発見されなかったのは、記されているみことばではなく「これがあの弟子がしるした福音書か~!ありがたや!ありがたや!」というような偶像礼拝につながらないように神が隠されたのではなかと私個人の意見で根拠はないですが、そんなことも思っています。元の意味が何であるか?そして現代では、そのことはどのような意味をもたらしているのか?そのようなことも時には考えてみることも必要なのかもしれません。

私を遣わしてください!

 今週はバイブルキャンプの奉仕に行ってきました。主に中高生対象のキャンプです。今回のテーマは春に引き続き「Send me!」です。「私を遣わして下さい!」というイザヤ書6章のイザヤの献身の個所です。講師のY先生からは私たちが神様に召されているという確認と共に、神様は、ただロボットのように私たちを召したのではなく、「私を遣わして下さい!」という私たち側からの応答ができるということを学びました。そのような中でY先生は「皆さんは、まだまだ多くの選択肢、可能性があるのです!」と語られました。つまり将来において「え~!自分がそれはありえない!」ということは絶対ではないということです。

 預言者イザヤもそうでした。イザヤは神様の呼びかけに対して「私は、これをします!」と言って自分で勝手にその働きを決めて応答したのではなく「私を遣わして下さい!」と応答し、あとは神様に委ねる姿勢でした。そしてイザヤは厳しい現実に遣わされていきます。それでもイザヤは語り続けました。

10U-18
今回はみんなでバッグを染めて、励ましの言葉を書いて、くじ引きで決めた人にバッグを送り合いました

 今回、6名のキャンパーが献身の招きに応じました。私が献身決心のキャンパーたちの祈りの担当でしたので、その6名と一緒に祈りました。願わくは、神様がその思いを成長させて下さり、保たせて下さり、さらにその思いが確信へと導かれることを願っています。

 しかし何よりも願っているのは、そのキャンパーたちが与えられている働きがどのようなものであるかということよりも、神様の献身の招きに応答したという思いそのものを大切にしていって欲しいということです。中高生であれば、これから先、いくつもの選択肢が迫られるでしょう。そのような時、神様が召して下さったという思いよりも、その働きの種類に捕われてしまったならば、神様が別の道に導かれた時、その献身の思いは揺らいでしまうことでしょう。しかし、神様が召して下さったことそのものを土台とするならば、たとえどんな道が用意されていようとも、あのイザヤのように遣わされていくことでしょう。

 キャンプに参加したみんなが神様の召しの確かさを知って、それぞれの場所に遣わされて行ってほしいと願います。

暑いです!

 猛暑が続いています。ここ数週間は夜も暑さが続きます。暑さで子どもが夜中に起きてしまうぐらいです。私自身も暑がりな方なので、いいかげん限界だということで寝室にエアコンを設置しました。本当は普通の壁用エアコンがいいのですが、予算の関係で窓用エアコンを購入しました。買ったその日の内に自分で取り付けられますし、価格も一番安い壁用エアコンの半額ぐらいで済みます。冷房能力は壁用エアコンに劣りますが、我が家の寝室には十分です。

 窓用エアコンはよく「電気代が高い!」と言われます。これは半分本当で、半分は誤りです。確かに効率の面から言うと最近のエアコンは省エネ化が進んでいますので、壁用エアコンの方が有利です。1kwの能力当たりの電力消費量は、大雑把に言うと1.5倍ぐらい違います。さらに窓用エアコンは強弱の二段階ぐらいで風量を調整し、あとはオン/オフで調整しているのに対し、壁用はインバーター式といって、運転能力を細かく変えながら最適な消費電力を保つことができるものが主流です。つまり、同じ能力で稼働している時は壁用エアコンの方が電気代が安いわけです。しかし、冷房能力の最大値に大きな差がありますので、一概には言えません。つまり全開運転している時は、冷房能力の高い壁用エアコンの方が消費電力は大きくなります。ちなみに我が家の居間の壁用エアコンと寝室の窓用エアコンの最大値を比較すると1.5倍ぐらいの差があります。

 整理しますと、弱運転の場合は壁用エアコンの方が消費電力が少ないですが、最初の部屋を冷やす段階の場合は、どちらも全力運転になるので窓用エアコンの方が消費電力が少なくなります。ちなみにここ最近のような猛暑の場合は、オート運転だと全然弱になりませんし、手動で弱にすると部屋があまり冷えませんので、結果的に壁用エアコンと窓用エアコンとの電気代の差はさほどないことでしょう。

 ちょっと調べて電気代を大雑把に計算してみたのですが、壁用はインバーター式を想定し消費電力の平均値を、そして窓用は冷房能力の差を考えて全開運転を想定し、さらに1日8時間毎日使用した場合(実際には寝室なのでそんなに長く使いませんが)、少し多く見積もっても一月の電気代の差は700円ぐらいです。エアコンを頻繁に使う時期はせいぜい二カ月ぐらいですから、多く見積もっても、年間の電気代の差は1,500円ぐらいでしょうか。工賃を含めた壁用と窓用のエアコンの金額の差は30,000円ぐらい(我が家の寝室はベランダなしの2階なので工賃が高いです。窓用は自分で設置できるので工賃0円です)ですから、壁用が窓用よりお得になるのは20年以上同じものを使用した場合ということになります。壁用をエコポイント適用と考えても、12、3年以上はかかります。その前に壊れるかも…です。全開運転をして部屋が冷えたらエアコンを止めてしまうという場合は、下手すれば窓用の方が電気代が安くなるかもしれません。

 もちろん、それぞれのケースがあるから一概に言えません。我が家の場合は寝室に設置ということで、使用するのが主に夜になり窓用エアコンの冷房能力に不足を感じないということ、またコンプレッサーの音がうちの家族はあまり気にならないということ(壁用の場合はコンプレッサーは室外機になるので室内は静かです)などから、窓用でも構わないという結論に達しました。またこれは直接の理由ではなく、結果としてですが、壁式の場合、取り付けを依頼しなければならないので、真夏は予約が殺到し、下手すれば1週間ぐらいかかることもあるので、これも即日使用できるのはありがたかったです。それまで最初からエアコンがある居間とかで寝てましたからだいぶ助かりました。

 教会の働きも、先入観を一度置いておき、冷静に考えると逆であった…ということがあるかもしれないですね。

 今日はこのぐらいで…
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。